アメリカ民謡の有名な曲・代表曲

歌詞の意味・日本語訳 解説とYouTube動画の視聴

ジョージホテルの古時計
大きな古時計
大きなノッポの古時計~♪原曲では「90年」休まずに動いていた?
大きな古時計 続編
『大きな古時計』がアメリカで出版された2年後の1878年に発表された幻の続編。その悲しい結末とは?
森のくまさん
くまは言った。「君、銃を持ってないみたいだけど、大丈夫?」
すいかの名産地
ともだちができた すいかの名産地♪
仰げば尊しの原曲 Song for the Close of School
2011年に発見されたアメリカの卒業ソング
ビスタ(フリーフライフロー)
クンムラッタ クンムラッタ クンムラッタ ビスタ♪
ジョニーは戦場へ行った Johnny Has Gone for a Soldier
アイルランド民謡『シューラ・ルーン』が原曲
コットン・アイ・ジョー Cotton-Eyed Joe
レッド・ネックスのカバーがヨーロッパで大ヒット!
ゆかいな牧場
マクドナルド爺さんの農場で イーアイイーアイオー♪
ステューボール Stewball
ジョン・レノンのクリスマスソング『ハッピークリスマス Happy Xmas (War Is Over)』との関係は?
茶色の小瓶(こびん)
『茶色の小瓶 The Little Brown Jug』は、グレンミラー楽団のジャズナンバーとしても有名。
大きな栗の木の下で
『大きな栗の木の下で』は、アメリカでボーイスカウトの歌として広まった曲(スカウト・ソング)。
バケツの穴
バケツに穴が 穴があいてる 穴あきバケツじゃ こまっちゃう
ジョージア行進曲 Marching Through Georgia
『大きな古時計』を作曲したヘンリー・クレイ・ワークの作品
For He's a Jolly Good Fellow 彼はいいやつだ
ギネスブックに認められた世界的な誕生日ソング・お祝いソング
ヴィヴラコンパニー Vive la Compagnie
アメリカ学生歌・男性合唱曲。乾杯ソングとしても。
軽やかに漕ごう(ちょうちょの原曲)
メロディーが日本の「ちょうちょう」と同じだが、これは、アメリカへ音楽留学していた伊沢修二がアメリカから持ちかえったものと考えられる。
藁の中の七面鳥(オクラホマミキサー)
『藁の中の七面鳥(Turkey in the straw)』は、19世紀後半から広まったアメリカ歌曲。フォーク・ダンスの定番曲。
私を野球に連れてって Take Me Out to the Ball Game
ケイシーは大の野球好き。地元の野球チームを応援するためなら、貯金も使い果たしてしまう。
アメイジング・グレイス
『アメイジンググレイス(アメージンググレース)』は、ジョン・ニュートンの作詞による賛美歌。特にアメリカで最も愛唱され、またバグパイプでも演奏される。
Upidee Song ユッパイディ(ユピディ)
19世紀アメリカ南北戦争で歌われた。原曲はドイツ学生歌。
エクセルシオール(より高く)Excelsior
The Upidee Song』の歌詞として引用されたロングフェローの短詩
懐かしきヴァージニア
懐かしきヴァージニア 綿花が実り小鳥がさえずる 心の故郷
懐かしきテネシー Carry Me Back To Tennessee
『Ellie Rhee』(エリー・リー)とも題される。南アフリカの愛唱歌『サリーマレー(サリマライズ)』の原曲。
雪山讃歌(いとしのクレメンタイン)
原曲のアメリカ歌曲『Oh My Darling Clementine』の舞台は、アメリカのカリフォルニア周辺で19世紀半ばに発生したゴールドラッシュ。金山で一攫千金を夢見る父親とその娘クレメンタインが登場する。
線路は続くよどこまでも
『I've been Working on the Railroad』は、19世紀のアメリカ民謡。日本では、『線路はつづくよどこまでも』として知られている。
Likes Likker Better Than Me(お酒の歌)
瞳のきれいなあの人が好き 彼は私よりお酒が好き
乾杯の歌(メイン州立大学 学生歌)
かつての紅白歌合戦オープニングにおける歌手入場行進曲
テネシーワルツ The Tennessee Waltz
恋人とダンスを楽しんでいた女性 友達を紹介したら・・・
グッドナイト・アイリーン Goodnight, Irene
レッドベリーの死後の翌年、1950年にザ・ウィーヴァーズ(The Weavers)がカバーし大ヒットを記録
灯台守 とうだいもり
原曲はアメリカの賛美歌
寂しい草原に埋めないで(駅馬車)
『Bury me not on the lone prairie(寂しい草原に埋めないで)』は、アメリカの古い民謡。
黄色いリボン
『She Wore a Yellow Ribbon』は、アメリカの古い民謡。ジョン・ウェイン主演のアメリカ映画『黄色いリボン』で使用され、世界的に有名になった。
ア・ソング・イズ・ベスト・フレンド~コンプリート・オブ・ジョン・デンバー
カントリーロード
『カントリーロード(Take Me Home, Country Roads)』は、アメリカのシンガーソングライターとして有名なジョン・デンバーの1971年のヒット曲。
コロラドの月
コロラドの月の夜 若き日 今は去りて 君はいずこに
峠の我が家 Home on the Range
バファローがうろつき、鹿やアンテロープが駆け回り、空は一日中雲ひとつ無く晴れ渡る・・・。
旅愁 Dreaming of home and mother
オードウェイ(Ordway, John P./1824-1880)作曲。日本では、1907年出版「中等教育唱歌集」の中で、『旅愁』として紹介された。
故郷の廃家(ヘイス作曲)
幾年ふるさと 来てみれば 咲く花 鳴く鳥 そよぐ風
冬の星座(ヘイス作曲)
一見すると、原曲は『冬の星座』との関連性はないようにも思えるが、2番の歌詞をよく見ると、一応「星」というテーマにおいて共通点があるようだ。
バッファローギャル Buffalo Gals
感動のアメリカ映画「It's a Wonderful Life」 テーマ曲としても有名
テキサスの黄色いバラ
『テキサスの黄色いバラ(The Yellow Rose of Texas)』は、アメリカ南部に伝わる古い民謡。1955年にミッチ・ミラーのレコーディングにより世界的に有名になった。
ラクカラチャ(メキシコ民謡)
アメリカのお隣メキシコに伝わる陽気な歌曲。「ラクカラチャ」ってどんな意味だっけ?
シェナンドー
『シェナンドー(Shenandoah)』は、19世紀始め頃から歌われるアメリカ民謡。ヴァージニア州周辺で川を行き来する貿易船の舟歌(river chantey)として歌われていた。
谷間の灯(谷間のともしび)
いつも夢にみるは あの日あの窓こいし ふるさとの我が家
赤い河の谷間
『赤い河の谷間(赤い川の谷間)』は、アメリカのフォークソング。 歌詞の中では、西部開拓時代の白人とインディアンの女性の恋が描かれる。

アメリカ南北戦争関連 American Civil War 1861-1865

The Civil War - Traditional American Songs
ヤンキードゥードゥル(アルプス一万尺)
アメリカ民謡『アルプス一万尺』の中で歌われる日本アルプスの槍ヶ岳の標高は3,180メートル。「一万尺」とは、この槍ヶ岳の標高を表している。
リパブリック讃歌(友だち讃歌)
日本では、『おたまじゃくしはかえるの子』、『ごんべさんの赤ちゃん』、『友だち讃歌』、更には新宿西口ヨドバシカメラのテーマソングなど、実に様々な替え歌が付けられ、大人から子供まで多くの人々により愛唱されている。
ごんべさんの赤ちゃん
ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた そこであわててシップした♪
ディキシー(デキシー/ディクシー)
アメリカ南部と深い関わりのある歌曲「ディキシー(デキシー/ディクシー)」は、アメリカ南北戦争が始まる3年前の1859年にダニエル・エメット(Dan Emmett/1815–1904)が発表した曲。
ジョニーが帰るとき
『ジョニーが帰るとき(ジョニーの凱旋)』は、19世紀後半のアメリカ国内戦争(the Civil War)に関連する歌曲。
オーラリー(ラブミーテンダーの原曲)
『Aura Lee オーラ・リー』は、1861年にオハイオ州シンシナティでミンストレル・ショー向けに出版された曲。エルヴィス・プレスリーの名曲『ラブミーテンダー(LOVE ME TENDER)』は、この『Aura Lee オーラ・リー』をカバーしたもの。

アメリカ関連ページ

スピリチュアル・黒人霊歌特集
「スピリチュアル・黒人霊歌特集」では、「こげよマイケル」、「深い川」、「ジェリコの戦い」、「主人は冷たい土の中に」など、有名なスピリチュアル・黒人霊歌を特集。
アメリカ民謡の父・フォスター特集
「おおスザンナ」、「なつかしきケンタッキーの我が家」、「夢路より」、「金髪のジェニー」などの有名なフォスター歌曲のページから、フォスターの生い立ち・家族・結婚生活・時代背景まで、フォスター関連の情報を特集。
アメリカの年中行事・記念日・祝日
キング牧師の日、プレジデントデー、メモリアルデー、独立記念日など