山のうた 山に関する民謡・童謡・音楽

山や丘が歌詞に登場する日本の歌・世界の歌まとめ

山・丘に関連する日本の民謡・童謡、山が歌詞に出てくる世界のうた、山・丘をテーマとした音楽など、有名な「山のうた」まとめ。

「山・丘」以外の内容別の歌については、こちらのページ「テーマ別・内容別のうた・音楽」でまとめている。

日本の山のうた

ふじの山 富士は日本一の山
あたまを雲の上に出し 四方の山を見おろして
箱根八里 瀧 廉太郎
箱根の山は天下の嶮 函谷關も ものならず
会津磐梯山 あいづばんだいさん
会津磐梯山は宝の山よ 笹に黄金がなりさがる

山・丘に関する日本のうた

みかんの花咲く丘
みかんの花が咲いている 思い出の道 丘の道
お山の杉の子
昔々のその昔 椎の木林のすぐそばに 小さなお山があったとさ
スキーの歌
山は白銀 朝日を浴びて 滑るスキーの風切る速さ
朧月夜 おぼろづきよ
菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし
紅葉(もみじ)
秋の夕日に 照る山 もみじ
越天楽今様(春のやよいの あけぼのに)
四方の山べを 見わたせば 花盛りかも しら雲の
山寺の和尚さん
山寺の和尚さんが 毬(まり)はけりたし 毬はなし
七つの子
からす なぜ鳴くの からすは山に 可愛い七つの子があるからよ

山・丘に関する世界のうた

雪山賛歌(いとしのクレメンタイン)
雪よ岩よ われ等が宿り 俺たちゃ街には住めないからに
フニクリ・フニクラ
行こう 行こう 火の山へ! ベスビオ火山の登山電車は急勾配
ピクニック
丘を越え行こうよ 口笛吹きつつ♪
こぎつね
こぎつねコンコン山の中♪
キリマンジャロ 歌詞の意味は?
小学校の音楽の授業で習う異色の器楽曲。アフリカ大陸の最高峰キリマンジャロと周辺の山々が歌詞に登場する。
山の音楽家
わたしゃ音楽家 山の小りす♪
あの子が山にやってくる
童謡『ピクニック(丘を越え行こうよ 口笛吹きつつ)』の原曲?
キャンプの夜(山に夕日落ちて)
スロバキア民謡のメロディに基づくキャンプソング
山のロザリア
忘れられぬ あの日よ 涙ながし別れた 君の姿よ
夏の山(口笛吹いて/この山光る)
口笛ふいて ホラヒ ホラホ 手をとり歌おう ホラヒヤッホー♪
山のポルカ チェコ民謡
小学校の音楽の授業でリコーダーや鍵盤ハーモニカ(ピアニカ/メロディオン)などで演奏される小学生向けの定番曲
カレリアの丘
フィンランド南東部のカレリア地方に広がる原風景を歌ったフィンランド民謡。カンテレの名曲として知られる。

スイス系 山のうた

山の人気者
アルプスの娘たちに大人気のミルク売り
山男のヨーデル
ヒゲもじゃもじゃの山男たち 歌声自慢
スイス民謡・ヨーデル 有名な歌・代表曲
『おおブレネリ』、『ホルディリディア』など、有名なスイス民謡・ヨーデル名曲

山に関するクラシック音楽

交響詩『禿山の一夜』 ムソルグスキー
聖ヨハネ祭前夜、禿山(はげやま)に地霊チェルノボグが現れて…
山の魔王の宮殿にて
グリーグ組曲『ペール・ギュント』より
遠き山に日は落ちて
ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」第2楽章

8月11日が山の日に(国民の祝日)

2016年に改正祝日法が施行され、8月11日は国民の祝日「山の日」となった。祝日法では、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」とあるが、特にこの日が山と関連があるわけではないようだ。

当初は「山の日」がお盆休みと合わせて連休になるように8月12日が最有力候補だったようだが、その日は日本航空123便墜落事故(1985年)の日と重なるため、やむなく前日の8月11日となった。

ちなみに7月の第3月曜日は「海の日」(国民の祝日)

関連ページ

テーマ別・内容別のうた・音楽
母の歌、父の歌、春夏秋冬・季節の歌、動物のうたなど、歌のテーマ別・内容別にまとめた世界の有名な歌・音楽