お彼岸はいつ? 意味・由来は?

年中行事・年間行事トピックス

毎年春分の日と秋分の日前後に行われるお彼岸(おひがん)の年中行事では、ご先祖様のお墓参りをしたり、「ぼたもち(春)」や「おはぎ(秋)」をお供えしたり食したりする。

お彼岸は、日本人にとって大変なじみ深い大切な伝統文化の一つ。改めて理解を深めるべく、その意味合いや由来などについて簡単にまとめてみた。

お彼岸はいつからいつまで?

春のお彼岸

春分の日とその前後3日間の合計7日間

例えば、春分の日が3月21日の場合、彼岸の入りが3月18日、彼岸明けが3月24日となる。

春分の日は年によって異なるが、だいたい3月20日、または21日になることが多い。お彼岸の中間日にあたるので「中日(ちゅうにち)」と呼ばれる。

秋のお彼岸

秋分の日とその前後3日間の合計7日間

例えば、秋分の日が9月20日の場合、彼岸の入りは9月23日、彼岸明けが9月26日となる。

秋分の日も年によって異なるが、だいたい9月22日、または23日が多い。こちらもお彼岸の中日となる。

なお、国民の祝日に関する法律(祝日法)では、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことが趣旨とされ、お彼岸文化が法律上にも明記されている。

お彼岸の由来・ルーツは?

お彼岸のルーツは、仏教用語「波羅蜜」(はらみた、はらみった、パーラミター)に由来するとされている。

「波羅蜜」はインドのサンスクリット語で「到達・達成」を意味する。仏教における修行で達成されるものであり、「到彼岸(とうひがん)」とも意訳される。

煩悩や迷い・誘惑に満ちた世界「此岸(しがん)」から、川の向こうの「彼岸(ひがん)」、すなわち精神の迷いが消え去り、悟りを開いた「涅槃 (ねはん)」、または「浄土(じょうど)」に至るという仏教的な概念である。

やがて日本独自の文化として「彼岸会(ひがんえ)」と呼ばれる仏事として発展・継承され、一般庶民による先祖供養の風習にもつながっていったようだ。

なお、「彼岸(ひがん)」の由来としては、天照大神(あまてらすおおみかみ)をはじめとする日本神話・神道の太陽信仰から「日願(ひがん)」がルーツであるとする説も有力とされている。

でもなぜ、お彼岸の時期の太陽がありがたいのだろうか?その理由については、「お墓参りとお彼岸 意味・理由は?」のページを参照されたい。

お彼岸 関連ページ

彼岸花 ヒガンバナ 曼珠沙華
秋のお彼岸シーズンに咲く花 毒には気を付けて
おはぎ・ぼたもち 違いは?
名前や材料の違い?言葉遊び?
暑さ寒さも彼岸まで 意味・理由は?
単なる季節のことわざ?それとも仏教的な深い意味がある?
お墓参りとお彼岸 意味・理由は?
なぜお彼岸にお墓参りをするの?