花のうた 花に関する民謡・童謡・音楽

歌詞に花が使われた有名な世界の歌まとめ

花に関連する日本の民謡・童謡、花の名前が歌詞に出てくる世界のうた、特定の品種の花をテーマとした音楽など、世界の「花のうた」まとめ。

花以外の内容別の歌については、こちらのページ「テーマ別・内容別のうた・音楽」でまとめている。

特集ページ

桜のうた
『さくらさくら』、『花(春のうららの隅田川)』、『さくら音頭』
スミレのうた
『すみれの花咲く頃』、『すみれ(モーツァルト)』、『春の小川』
バラのうた
『百万本のバラ』、『夏の名残のバラ』、『野ばら』、『恋人は赤い、赤いバラ』

菊の花

菊の花 土佐のお座敷遊び唄
明石家さんま『あみだくじの歌』原曲? 開けてうれしい菊の花♪
庭の千草(夏の名残のバラ)
ああ白菊 ああ白菊 一人遅れて咲きにけり
金髪のジェニー
きらめく小川で軽やかに舞う彼女 揺れるヒナギクのように幸せそうに
ロンドンデリーの歌
庭の小道に咲くヒナギクとなって 貴方に踏み潰されたい
アニーローリー
ヒナギクの上の露のような 夏にそよぐ風のような

菜の花

朧月夜 おぼろづきよ
菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし
ちょうちょう
蝶々 蝶々 菜の葉にとまれ 菜の葉に飽たら 桜に遊べ
仲良し小道
にこにこあそびに かけてくる なんなん菜の花 匂う道

桃の花

うれしいひなまつり
お花をあげましょ 桃の花♪
おもいでのアルバム
桃のお花もきれいに咲いて もうすぐみんなは一年生

蓮華・れんげの花

ひらいたひらいた
なんの花が ひらいた れんげの花が ひらいた
春の小川
春の小川は さらさら行くよ 岸のすみれや れんげの花に
白い道
れんげの春 トンボの秋 忘れません 声をあわせ うたった あの歌

タチバナ

越天楽今様(春のやよいの あけぼのに)
花たちばなも 匂うなり 軒のあやめも 薫るなり
こいのぼり
橘(たちばな)かおる 朝風に 高く泳ぐや 鯉のぼり
ちゃっきり節
唄はちゃっきり節 男は次郎長 花はたちばな 夏はたちばな 茶のかおり
夏は来ぬ
卯の花の 匂う垣根に 時鳥(ホトトギス) 早も来鳴きて

ひなげし

ひなげし(かわいいコクリコ)
NHK「みんなのうた」でも日本語カバーされたフランスの童謡
アマポーラ Amapola
スペイン語で「ヒナゲシの花」を意味する

花のうた

梅は咲いたか 江戸端唄
梅は咲いたか 桜はまだかいな
アマリリス
月明かりは蒼く 花々は眠り夢に彷徨う
夏の思い出
水芭蕉の花が 咲いている 夢見て咲いている 水のほとり
たきび
さざんか さざんか 咲いた道♪
すずらん ロシア歌曲
英語ではスズランを「Lily of the valley」と呼び、日本ではこれを「谷間の姫百合(たにまのひめゆり)」と表現している。
みかんの花咲く丘
みかんの花が咲いている 思い出の道 丘の道
チューリップ
さいた さいた チューリップの花が♪
炭坑節(月が出た出た)
奥に咲いたる 八重つばき なんぼ色よく 咲いたとて
スコットランドの釣鐘草
美しいスコットランド そこは可愛らしい釣鐘草が咲き誇る国
江戸しりとり唄 牡丹に唐獅子
博多どんたくの歌『ぼんち可愛いや』のルーツ
宵待草 よいまちぐさ
マツヨイグサ(待宵草)は、夕暮れ時に黄色い花を開き、夜に咲き続けて朝にはしぼんでしまう。
故郷を離るる歌
園の小百合 撫子(なでしこ) 垣根の千草
からたちの花
からたちのそばで泣いたよ みんなみんな やさしかったよ
茉莉花 モーリーファ
庭中に咲いたどの花も その香りにはかなわない
エリカ(エーリカ)ドイツ軍歌
エリカはツツジ科の属名の一つ。ドイツ北部の自然保護地区リューネブルガーハイデが群生地として有名。
白いリラの咲く頃
宝塚歌劇団『すみれの花咲く頃』原曲

花が曲名に使われた歌

花 〜すべての人の心に花を〜
泣きなさい 笑いなさい いつの日か 花を咲かそうよ
花の季節
原曲はロシア歌曲『長い道を』
春の日の花と輝く
僕は君を変わらず愛し続けるだろう
はないちもんめ
ってうれしい はないちもんめ 相談しよう そうしよう
花笠音頭
揃ろた揃ろたよ 笠踊り揃ろた ハァ ヤッショーマカショ!
花は咲く
NHK震災支援プロジェクトにおけるテーマソング・チャリティソング

花に関するクラシック音楽

花の歌 ランゲ
軽やかなサロン小品を作曲したグスタフ・ランゲによるピアノソロ曲
花のワルツ チャイコフスキー
バレエ組曲「くるみ割り人形」より

関連ページ

テーマ別・内容別のうた・音楽
母の歌、父の歌、春夏秋冬・季節の歌、動物のうたなど、歌のテーマ別・内容別にまとめた世界の有名な歌・音楽