梅は咲いたか 江戸端唄

しょんがえ節/江戸・明治時代の俗謡・流行歌

『梅は咲いたか』は、明治時代に流行した俗謡『しょんがえ節』を基にした江戸端唄(はうた)・小唄。花柳界の芸妓たちを季節の花々や貝に例えて歌っている。今日ではお座敷唄として有名。

歌詞の中で繰り返される「しょんがいな」は、歌の調子をとるための囃子言葉(はやしことば)。一見すると「しょうがないな(仕様がないな、仕方がないな)」の類と解釈したくなるが、具体的な意味はないようだ。ただ、「ああそうかいな」、「それからどうした」といった軽い合いの手としての意味合いはあるように思われる。

歌詞の意味は?

歌詞に登場する単語の意味について補足すると、梅・桜・柳・山吹は花柳界の芸妓たちを暗示したもの。梅の花は若い芸妓、桜は上の姐さんといったところだろうか。柳はゆらゆらと移り気、山吹(ヤマブキ)は実を結ばない浮気性。

ちなみに、実をつけない花・山吹(上写真/八重)については、後拾遺和歌集に兼明親王が詠んだこんな歌がある。

「七重八重 花は咲けども 山吹の実の一つだに なきぞ悲しき」

あさり、はまぐり、あわびといった貝についての野暮な解説は割愛するが、二点だけ捕捉すると、悋気(りんき)は「嫉妬」の意味、鮑(あわび)は二枚貝ではないため相手がいない片思いのような状態を意味している。いわゆる「磯の鮑の片思い(いそのあわびのかたおもい)」というやつだ。

【試聴】梅は咲いたか お座敷唄

梅は咲いたか 桜はまだかいな
柳ャなよなよ風次第
山吹や浮気で 色ばっかり
しょんがいな

浅蜊(あさり)とれたか 蛤(はまぐり)ャまだかいな
鮑(あわび)くよくよ片想い
さざえは悋気(りんき)で角(つの)ばっかり
しょんがいな

柳橋から小船を急がせ
舟はゆらゆら波しだい
舟から上がって土手八丁
吉原へご案内

お正月 関連ページ

お正月の歌・新年の曲
「一月一日」、「お正月」、「春の海」、「十二支のうた(干支の歌)」など、新年・お正月に関連する日本の歌やお琴の曲
正月・新年の年中行事
鏡餅、鏡開き、小正月、二十日正月、具足祝いなど、正月に行われる年間行事トピックス