有名な端唄・小唄 歌詞と解説

江戸時代から続く日本の伝統音楽

江戸時代から続く有名な端唄・小唄・俗謡について、歌詞の意味や解説、語源・由来・歴史的背景などまとめ。

挿絵:京都の料亭「泉竹(いづちく)」Webサイトより

曲目一覧

梅にも春
梅にも春の 色そえて 若水汲みか 車井戸
梅は咲いたか
梅は咲いたか 桜はまだかいな 柳ャなよなよ風次第
かっぽれ
かっぽれ かっぽれ 甘茶で かっぽれ♪
お江戸日本橋
お江戸日本橋 七つ立ち 初上り 行列揃えて あれわいさのさ
猫じゃ 猫じゃ
猫じゃ 猫じゃと おしゃいますが 猫が下駄はいて 絞りの浴衣で来るものか
祇園小唄
しのぶ思いを 振袖に 祇園恋しや だらりの帯よ

関連ページ

まっくろけ節
ひょうきん族『しっとるケ音頭』原曲にもなった大正時代の流行歌
お座敷遊び・芸者遊び 有名な歌
『金比羅船々(こんぴらふねふね)』、『とらとら』、『菊の花』など、日本のお座敷遊び歌まとめ