作詞者・作曲者別まとめ 日本の童謡・唱歌

作詞者・作曲者別まとめ 日本の童謡・唱歌

作曲者別にまとめた日本の童謡・唱歌

作曲者別 個別ページ

岡野貞一
『故郷(ふるさと)』、『朧月夜(おぼろづきよ)』、『春が来た』、『紅葉』
瀧 廉太郎
『荒城の月』、『箱根八里』、『花(春のうららの隅田川)』、『お正月』
本居長世
『赤い靴』、『七つの子』、『十五夜お月さん』
中山晋平
『東京音頭』、『兎のダンス』、『シャボン玉』、『あめふり』、『背くらべ』
山田耕筰
『赤とんぼ』、『この道』、『ペチカ』、『あわて床屋』
田村虎蔵
『金太郎』、『花咲かじいさん』、『一寸法師』、『大黒様』
下總 皖一
『たなばたさま』、『花火』、『かくれんぼ』、『野菊』
草川信
『夕焼け小焼け』、『汽車ポッポ』、『緑のそよ風』
中田喜直
『めだかの学校』、『夏の思い出』、『雪の降る街を』
弘田龍太郎
『雀の学校』、『春よ来い』、『こいのぼり』、『浜千鳥』
河村光陽
『うれしいひなまつり』、『かもめの水兵さん』、『グッドバイ』
海沼實
『お猿のかごや』、『あの子はだあれ』、『みかんの花咲く丘』、『里の秋』
越部 信義
『勇気一つを友にして』、『おもちゃのチャチャチャ』、『にこにこぷん』

作詞者別 日本の民謡・童謡・唱歌

野口雨情
『赤い靴』、『シャボン玉』、『証城寺の狸囃子』、『七つの子』
北原白秋
『からたちの花』、『あめふり』、『この道』、『ゆりかごのうた』
高野辰之
岡野貞一とのコンビで1914年の音楽教科書「尋常小学唱歌」に掲載された『故郷』や『朧月夜』などの作曲を手掛けた。
西條八十
『東京音頭』、『鞠と殿さま』、『肩たたき』
清水かつら
『雀の学校』、『靴が鳴る』、『叱られて』、『みどりのそよ風』
サトーハチロー
『リンゴの唄』、『うれしいひなまつり』、『かわいいかくれんぼ』
阪田寛夫
『サッちゃん』、『ねこふんじゃった』、『おなかのへるうた』

関連ページ

日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングなど