山田耕筰 有名な童謡・代表曲

作曲者別インデックス/日本の民謡・童謡

日本初の管弦楽団を創設し西洋音楽の普及に努める一方で、日本の童謡や優れた抒情歌を残した音楽家・山田 耕筰(やまだ こうさく/1886-1965)の有名な童謡・唱歌・代表曲まとめ。

茅ヶ崎中央公園 赤とんぼの歌碑

写真:茅ヶ崎中央公園 赤とんぼの歌碑(出典:Peanutの湘南日記)

山田耕筰は交響楽団の運営に失敗し、失意の中、1926年に茅ケ崎に移住した。茅ケ崎の穏やかな自然環境に身を置くことで創作意欲を取り戻し、『赤とんぼ』や『この道』などの名曲が茅ヶ崎で生まれた。

曲目一覧

赤とんぼ
夕焼小焼の赤とんぼ 負われて見たのはいつの日か
この道
この道はいつか来た道 ああ そうだよ あかしやの花が咲いてる
ペチカ
雪の降る夜は楽しいペチカ ペチカ燃えろよ お話しましょ
待ちぼうけ
切り株にうさぎが激突 味をしめた百姓の哀れな末路
かえろかえろと
かえろがなくから かえろ♪
すかんぽの咲く頃
土手のすかんぽ ジャワ更紗 夏が来た来た ドレミファソ♪
曼珠沙華 ひがんばな
GONSHAN GONSHAN 何処へゆく 赤い御墓の 曼珠沙華
かやの木山の
かやの実 かやの実 それ爆ぜた 静かな日本の里の秋
あわて床屋
チョッキン チョッキン チョッキンナ♪
砂山(海は荒海 向こうは佐渡よ)
すずめなけなけ もう日は暮れた

関連ページ

作詞者・作曲者別 日本の民謡・童謡・唱歌
岡野貞一、中山晋平、野口雨情、北原白秋など、日本を代表する作詞家・作曲家別の民謡・童謡・唱歌まとめ