たきび(童謡)

かきねの かきねの 曲がり角 たきびだ たきびだ 落ち葉焚き

『たきび(たき火)』は、作詞:巽聖歌、作曲:渡辺茂による日本の童謡。1941年(昭和16年)にNHKのラジオ番組「幼児の時間」で放送された。

戦後の1949年(昭和24年)にも、NHKのラジオ番組「うたのおばさん」で松田トシや安西愛子が歌い、全国の幼稚園や保育園、小学校に広まっていた。

作詞者の巽 聖歌(たつみ せいか/1905-1973)は、岩手県出身の児童文学者。作詞当時は東京都中野区上高田に在住していた。

上高田の自宅近辺には、樹齢300年を越す大きなケヤキが6本ある「ケヤキ屋敷」と呼ばれる家があった。その家にはケヤキの他にもカシやムクノキなどがあり、住人はその枯葉を畑の肥料にしたり、焚き火に使ったりしていた。

ケヤキ屋敷の付近をよく散歩していた巽は、その風景をもとに『たきび』の詞を完成させたという。

【試聴】たきび

関連ページ

冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『冬景色』、『たきび』など、冬を感じる日本の歌・世界の歌まとめ
日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソング