仲よし小道

仲よし小道は どこの道 いつも学校へ みよちゃんと

『仲よし小道(なかよしこみち)』は、作詞:三苫やすし、作曲:河村光陽による日本の童謡・唱歌。1939年(昭和14年)発表。

三苫やすし(みとま やすし/1910- 1949)は、福岡県出身の童謡作詩家。教職の傍ら詩作を続け、雑誌に投稿した「仲よし小道」が河村光陽の目に留まった。

河村 光陽(かわむら こうよう/1897-1946)は、昭和期の戦前から戦中にかけて活躍した作曲家。

代表曲に、『うれしいひなまつり』、『りんごのひとりごと』、『かもめの水兵さん』などがある。

日本の民謡・童謡・唱歌

【試聴】仲よし小道 高橋みさを

【試聴】仲よし小道

【歌詞】 仲よし小道

仲よし小道は どこの道
いつも学校へ みよちゃんと
ランドセル背負(しょ)って 元気よく
お歌をうたって 通う道

仲よし小道は うれしいな
いつもとなりの みよちゃんが
にこにこあそびに かけてくる
なんなんなの花 匂う道

仲よし小道の 小川には
とんとん板橋 かけてある
仲よくならんで 腰かけて
お話するのよ たのしいな

仲よし小道の 日ぐれには
母さまお家で お呼びです
さよならさよなら また明日
お手手をふりふり さようなら