りんごのひとりごと

わたしはまっかなリンゴです お国は寒い北の国

『りんごのひとりごと』は、作詞:武内俊子、作曲:河村光陽による日本の童謡・唱歌。1940年(昭和15年)発表。

作詞者の武内氏が入院しているとき、お見舞いのリンゴを見て歌詞が作られたという。

武内 俊子(たけうち としこ/1905-1945)は、広島県三原市出身の童謡作詞家、童話作家。『かもめの水兵さん』、『赤い帽子・白い帽子』の作詞で知られている。

河村 光陽(かわむら こうよう/1897-1946)は、昭和期の戦前から戦中にかけて活躍した作曲家。長女は歌手の河村順子。

代表曲に、『うれしいひなまつり』、『かもめの水兵さん』、『グッドバイ』、『仲良し小道』などがある。

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

【試聴】リンゴノヒトリゴト(りんごのひとり言) 河村順子

【試聴】りんごのひとりごと

【歌詞】 りんごのひとりごと

1.
わたしはまっかな リンゴです
お国は寒い 北の国
リンゴ畑の 晴れた日に
箱につめられ 汽車ポッポ
町の市場へ つきました

リンゴ リンゴ リンゴ
リンゴかわいい ひとりごと

2.
果物店の おじさんに
お顔をきれいに みがかれて
みんな並んだ お店さき
青いお空を 見るたびに
リンゴ畑を 思いだす

リンゴ リンゴ リンゴ
リンゴかわいい ひとりごと

3.
今頃どうして いるかしら
リンゴ畑の おじいさん
箱にリンゴを つめながら
歌を歌って いるかしら
たばこふかして いるかしら

リンゴ リンゴ リンゴ
リンゴかわいい ひとりごと