秋桜 コスモス 歌詞の意味・理由

季節は秋なのに、一体なぜ春や桜が含まれる歌詞が使われるの?

『秋桜 コスモス』は、1977年10月にリリースされた山口百恵のシングル曲。作詞・作曲:さだまさし。

倍賞千恵子、中森明菜、平原綾香、夏川りみなどの女性歌手から、 福山雅治、徳永英明、河村隆一、そして山口百恵の長男・三浦祐太朗などの男性歌手まで、幅広いアーティストがカバーしている。

山口百恵 コンプリート・シングルコレクション

ジャケット写真:山口百恵 コンプリート・シングルコレクション(試聴あり)

歌詞では、明日に結婚を控えた娘が、過ぎ去り日々の思い出と母の愛をかみしめる様子が描写されている。

歌詞のポイントは二つあると考えられる。一つは「秋桜(あきざくら)」という花の名前、もう一つは「小春日和(こはるびより)」という季語。

歌の季節は秋なのに、あえて桜や春が含まれる言葉が使われる意味や理由とは?簡単に考察してみたい。

【試聴】山口百恵『秋桜 コスモス』

【試聴】さだまさし セルフカバー

秋桜 あきざくら

秋桜(あきざくら)は、コスモスの異名。メキシコを原産とするキク科の一年草で、日本へは明治20年(1887年)ごろにもたらされたようだ。

秋桜 コスモス

写真:コスモス(出典:Wikipedia)

秋の桜という名前の由来については、小学館「精選版 日本国語大辞典」によれば、「花が桜の形と似ていることから」と説明されている。

なお、「秋桜」という漢字を「あきざくら」と読まずに「コスモス」と読むようになったのは、この山口百恵『秋桜 コスモス』のヒットに由来している。

小春日和 こはるびより

小春日和(こはるびより)とは、晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天のこと。冬の季語。

晩秋に、厳しい冬の到来を前にして、過ぎ去った春がまるでまた戻って来たかのような穏やかな陽気の日に使われる用語だ。

これらが意味するのは?

秋桜(あきざくら)も小春日和(こはるびより)も、冬が近づく秋の季節に、過ぎ去った春の気候や風景がよみがえってきたかのような、秋に春をいとおしむような、ある意味で懐古的な名称であるといえる。

山口百恵『秋桜 コスモス』の歌詞の内容に照らして考えれば、それはまるで、明日に結婚を控えた秋の日にしみじみと思いだされる、まだ母が若く娘が幼かった頃の懐かしく穏やかな時間を暗に表現しているかのよう。

娘が無邪気な子供でいられた穏やかな春の時間が、結婚を控えた秋のひとときに、母への感謝の気持ちや寂しさとともに鮮やかによみがえってくる。

長い春に比べればほんのわずかだけれど、それは母と娘の二人が積み重ねてきたかけがえのない人生が凝縮された時間。

ありがとうの言葉を かみしめながら
生きてみます 私なりに
こんな小春日和の 穏やかな日は
もう少し あなたの子供で
いさせてください

<引用:『秋桜 コスモス』二番の歌詞より>

『秋桜 コスモス』歌詞の最後には、そんな母と娘の願いや祈りにも似た万感の思いが切々と歌い上げられているのである。

関連ページ

いい日旅立ち
山口百恵の歌唱による旧国鉄の国内旅行キャンペーンソング
花嫁のうた・お嫁さんの歌
『花嫁人形』、『雨降りお月さん』、『花かげ』など、花嫁・お嫁さんに関する日本の歌・世界の歌まとめ
母のうた
『かあさんの歌』、『肩たたき』、『この道』、『ぞうさん』など、母親・お母さんをテーマ・題材とした日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
秋のうた
『もみじ』、『ちいさい秋みつけた』、『虫のこえ』など、日本の秋をテーマとした民謡・童謡、秋に歌われる唱歌など、秋に関連する日本のうたを特集。
花のうた
桜、梅、桃、菊、菜の花、タチバナ、水芭蕉など、花に関する世界の歌まとめ