アマリリス Amaryllis

フランス民謡/月明かりは蒼く 花々は眠り夢に彷徨う

南アメリカを原産とする多年草のアマリリスは、夏場にユリに似た六弁の大きい花を2-4個つけ、花の色は白・赤・ピンクなど様々。写真はアマリリス・ベラドンナ(Amaryllis belladonna)。

春植え球根の代表種で、こぶし大の球根は成長が早く、4月に植えると1ヶ月後には開花する。 植え付け、植え替えはソメイヨシノが散る頃が適期とされている。

作曲者はあのルイ13世?

フランス民謡『アマリリス』の作曲者は、これまでルイ13世(Louis XIII de France/1601-1643)とされてきた。

しかし最近見られる書籍・楽譜等では、「ヘンリー・ギース」を作曲者と表記する例も見られるようになってきた。日本では岩佐東一郎氏による作詞で知られている。

ちなみに、ルイ13世は、ブルボン朝二代目のフランス王。父アンリ4世の暗殺後、8歳でフランス国王に即位した。成人になるまで母のマリー・ド・メディシスが摂政として政治を補佐。貴族の勢力を抑え、知事を直接任命するなど王権の強化に尽力し、後の絶対君主制の基礎を作ったとされている。

【試聴】アマリリス Amaryllis

関連ページ

フランス民謡・童謡 有名な曲
『クラリネットをこわしちゃった』、『月の光に』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳
リコーダーの有名な曲・定番曲 小学校の音楽
『かっこう』、『こぎつねこんこん』、『茶色のこびん』、『キリマンジェロ』など、小学校の音楽の授業でリコーダー演奏される有名な曲・定番曲まとめ