スミレのうた すみれに関する民謡・歌謡

春の訪れ すみれの花咲く頃 スミレの歌まとめ

スミレの花に関連する日本の民謡・童謡、すみれが歌詞に出てくる世界のうた、スミレの花をテーマとした音楽など、世界の「スミレのうた」まとめ。

スミレ以外の内容別の歌については、こちらのページ「テーマ別・内容別のうた・音楽」でまとめている。

すみれの花咲く頃

すみれの花咲く頃
フランスのシャンソンをカバーした宝塚歌劇団の代表曲
白いリラの咲く頃
宝塚歌劇団を象徴する『すみれの花咲く頃』原曲
白いライラックがまた咲いたら
『白いリラの咲く頃』『すみれの花咲く頃』の原曲

スミレのうた 一覧

春の小川
春の小川は さらさら行くよ 岸のすみれや れんげの花に
四季の歌(春を愛する人は 心清き人)
すみれの花のような 僕の友だち
歌の翼に
スミレは微笑み 星空を見上げ バラが耳元でささやく
すみれ モーツァルト
すみれは思った もしも自分がこの世で一番美しい花だったら ああ ほんのわずかな間だけでも あの少女に摘み取られ 抱きしめてもらえるのに
あの雲のように(人生を楽しみたまえ)
花のトゲを見つけては 人は悩み苦しむ 咲きかけのスミレに気付かぬままに
ムアロック(ムアロッホ)・ショア
サクラソウが色づき スミレが花をつける
春へのあこがれ
小川のほとりにスミレが咲き乱れる5月の頃への思い

スミレと絵画

すみれの花束をつけたベルト・モリゾ
フランス印象派の画家マネが1872年に完成させた肖像画(油絵・油彩)

関連ページ

テーマ別・内容別のうた・音楽
母の歌、父の歌、春夏秋冬・季節の歌、動物のうたなど、歌のテーマ別・内容別にまとめた世界の有名な歌・音楽