ちゃっきり節

日本の民謡/唄はちゃっきり節 男は次郎長

『ちゃっきり節』は、作詞:北原白秋、作曲:町田嘉章による日本の民謡。1927年(昭和2年)、静岡市近郊に開園した狐ヶ崎遊園地(後の狐ヶ崎ヤングランド)のCMソングとして、静岡鉄道の依頼によって制作された。

翌1928年1月にはラジオ放送されレコードも作られたが、すぐには広まらなかった。戦後に歌手の市丸(1906-1997)の美声によるレコードがヒットして、全国的に知名度を高めた。

歌詞:ちゃっきり節(一部)

唄はちゃっきり節 男は次郎長
花はたちばな 夏はたちばな 茶のかおり
ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよ
きゃあるが鳴くんで 雨ずらよ

茶山 茶どころ 茶は縁どころ
ねえね行かずか やあれ行かずか お茶つみに
ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよ
きゃあるが鳴くんで 雨ずらよ

さあさ 行(ゆ)こ行こ 茶山の原に
日本平(にほんだいら)の 山の平(たいら)の お茶つみに
ちゃっきり ちゃっきり ちゃっきりよ
きゃあるが鳴くんで 雨ずらよ

日本の民謡・童謡 歌詞と視聴

【試聴】ちゃっきり節

関連ページ

地元の民謡・ご当地ソング
津軽じょんから節、ソーラン節、ちゃっきり節など、日本全国各地の民謡・ご当地ソング特集
東村山音頭 ひがしむらやまおんど
作曲にあたっては『ちゃっきり節』を強く意識したと思われる。ドリフ志村けんのカバーで有名に。