丘を越えて 歌詞の意味

古賀政男が後輩との花見で作曲したマンドリン合奏曲に作詞

「丘を越えて行こうよ」が歌いだしの『丘を越えて』(おかをこえて)は、1931年(昭和6年)の映画「姉」主題歌として発表された昭和初期の歌謡曲。歌:藤山一郎。

ハイキング

同曲は、作曲家の古賀政男が明治大学マンドリン倶楽部の後輩と稲田堤(現川崎市多摩区)で花見(桜見物)をした際に、マンドリン合奏曲『ピクニック』として作曲された。

つまり当時は歌詞の無いインストゥルメンタル(器楽曲)だったが、後に映画主題歌として作詞者の島田芳文により歌詞が追加された。

作詞のイメージは、北軽井沢の浅間牧場の風景がモデルになっているという。浅間牧場には『丘を越えて』の歌碑も建てられている。

【試聴】丘を越えて 藤山一郎/古賀政男.

歌詞の意味

『丘を越えて』の歌詞について、若干補足してみたい。

「真澄の空」(ますみのそら)とは、非常によく澄んた空のこと。

「血潮」(ちしお)とは、激しい情熱や感情のたとえ。

「小春」(こはる)とは、初冬の穏やかで暖かい春に似た日和が続くころ。また、陰暦10月の異称。

童謡『ピクニック』との関係は?

マンドリン合奏曲『ピクニック』を原曲とする歌謡曲『丘を越えて』だが、「ピクニック」と「丘を越え」という二つのキーワードを耳にすると、当サイトの筆者としては、童謡『ピクニック』を思い出さずにはいられない。

童謡『ピクニック』は、「♪丘を越え 行こうよ 口笛吹きつつ♪」が歌いだしの童謡で、原曲はイギリスまたはアメリカの童謡『She'll be Coming Round The Mountainとされている。

NHK「みんなのうた」で1962年4月に初回放送されており、作詞は萩原英一とクレジットされている。

萩原氏が「みんなのうた」向けに作詞を行う際、人気の歌謡曲『丘を越えて』にあやかって似たような表現を用いたのだろう。

『ピクニック』の「空は澄み 青空」の部分も、『丘を越えて』の「真澄の空」と対応しており、ある意味『丘を越えて』のオマージュ的童謡と言えるかもしれない。

関連ページ

童謡『ピクニック』
♪丘を越え 行こうよ 口笛吹きつつ♪
山のうた 山に関する民謡・童謡・音楽
『ふじの山(富士は日本一の山)』、『フニクリ・フニクラ』、『ピクニック』など、山に関連する世界の歌まとめ