名月赤城山 歌詞・セリフ

男ごころに 男が惚れて 意気が解け合う 赤城山

「男ごころに 男が惚れて」が歌い出しの『名月赤城山』(めいげつ あかぎやま)は、作詞:矢島寵児、作曲:菊地博により昭和14年(1939年)に発表された昭和歌謡曲

歌は、『赤城の子守唄』で大ヒットを記録した東海林太郎(しょうじ たろう)。

歌詞は、「赤城の山も今宵限りか」のセリフ(台詞)で有名な江戸時代後期の侠客・国定 忠治(くにさだ ちゅうじ)を題材としている。

国定忠治 全通し上演版

ジャケット写真:劇団若獅子「国定忠治 全通し上演版」 [DVD]

三橋美智也、美空ひばり、ちあきなおみ、島津亜矢らのカバーが知られている。

歌詞(作詞:矢島寵児)


男ごころに 男が惚れて
意気が解け合う 赤城山
澄んだ夜空の まんまる月に
浮世 横笛 誰が吹く


意地の筋金 度胸のよさも
いつか落目の 三度笠
云われまいぞえ やくざの果と
悟る草鞋(わらじ)に 散る落葉


渡る雁(かり)がね 乱れて啼いて
明日はいずこの ねぐらやら
心しみじみ 吹く横笛に
またも騒ぐか 夜半(よわ)の風

国定忠治のセリフ

赤城の山も今宵限り
生まれ故郷の国定村(くにさだむら)や
縄張りを捨て 国を捨て
可愛い乾分(こぶん)の手前(てめえ)たちとも
別れ別れになる首途(かどで)だ

YouTube動画の視聴

【試聴】 三橋美智也 名月赤城山

【試聴】 島津亜矢 セリフ入り 名月赤城山

【試聴】 美空ひばり 名月赤城山

赤城山について

赤城山(あかぎさん/あかぎやま)は、群馬県のほぼ中央に位置する関東地方で有数の複成火山。冬の北風・空っ風は「赤城颪(あかぎおろし)」と呼ばれる。

赤城山

赤城山の神と男体山(日光市)の神が戦場ヶ原(せんじょうがはら)で戦い、神が流した血で赤く染まったことから、「赤き」が転じて「アカギ」という山名になったという。

写真:南東(桐生市・茶臼山)より望む赤城山(出典:Wikipedia)

関連ページ

赤城の子守唄 歌詞と解説
泣くなよしよし ねんねしな 泣けばカラスが またさわぐ
昭和初期の有名な歌謡曲・童謡・唱歌
激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ
歴史のうた 歴史に関する日本の歌
有名な歴史に関する日本の歌まとめ