仰げば尊しの原曲
Song for the Close of School

アメリカ歌曲

日本の卒業ソング『仰げば尊し(あおげばとうとし)』の原曲として、2011年に発見されたアメリカの歌『Song for the Close of School』。

発見者は、一橋大学で英語学・英米民謡、歌謡論などが専門の桜井雅人名誉教授(67)。1871年にアメリカで出版された音楽教材に楽譜が掲載されていたという。

上の楽譜画像は、発見された『Song for the Close of School』のもの。作詞者としてT.H.ブロスナン(T.H. Brosnan)、作曲者は「H.N.D」と記載されている。

【試聴】Song for the Close of School (Aogeba Toutoshi)

歌詞(英語)・日本語訳(意訳)

1.
We part today to meet, perchance,
Till God shall call us home;
And from this room we wander forth,
Alone, alone to roam.

今日別れる我らは
やがて主の御許に集い また巡り合う
この教室から旅立ち
それぞれ自らの道をゆく

And friends we've known in childhood's days
May live but in the past,
But in the realms of light and love
May we all meet at last.

記憶の中で生きる
幼き頃の友
光と愛の御国で
我らは再会する

2.
Farewell old room, within thy walls
No more with joy we'll meet;
Nor voices join in morning song,
Nor ev'ning hymn repeat.

さらば古き学び舎
過ぎ去りし楽しき集い
懐かしき朝の歌声
午後の賛美歌

But when in future years we dream
Of scenes of love and truth,
Our fondest tho'ts will be of thee,
The school-room of our youth.

我らはいつか思い出す
愛と真実の場を
汝こそ最愛の思い出
我らが若き日の教室よ

3.
Farewell to thee we loved so well,
Farewell our schoolmates dear;
The tie is rent that linked our souls
In happy union here.

さらば愛しき教室よ
さらば親愛なる級友たちよ
絆は解かれた
我らの魂は強く結ばれていた

Our hands are clasped, our hearts are full,
And tears bedew each eye;
Ah, 'tis a time for fond regrets,
When school-mates say "Good Bye"

かたい握手に心は満ち
目には涙があふれる
ああ 惜別の時
級友たちよ さらば

関連ページ

仰げば尊し(あおげばとうとし)
日本の定番卒業ソング
卒業ソング・卒業式で歌う曲
『蛍の光』、『旅立ちの日に』など、小学校や中学校の卒業式などで歌われる定番の卒業ソング特集
アメリカ民謡・童謡 有名な曲
『大きな古時計』、『森のくまさん』、『線路はつづくよどこまでも』など、有名なアメリカ民謡・童謡特集