We Are The World 歌詞の意味・和訳

マイケル・ジャクソンやボブ・ディランなど多数のアーティストが参加

『We Are The World』(ウィ・アー・ザ・ワールド)は、1985年にリリースされたチャリティ・ソング。アフリカの貧困層を解消する目的で、数多くの著名なアーティストにより「USA for Africa(USA フォー・アフリカ)」が結成された。

作詞・作曲:マイケル・ジャクソン/ライオネル・リッチー。1985年のリリース当時、アメリカ国内だけでシングル400万枚、アルバム300万枚を売り上げた。

ジャケット写真: We Are The World ザ・ストーリー・ビハインド・ザ・ソング 20th アニヴァーサリー・スペシャル・エディション [DVD]

最終的にはアメリカだけで750万枚のシングルが売れ、シングルとアルバム、ビデオの合計で6300万ドルの収入となり、すべての印税はチャリティとして寄付された。

USAフォー・アフリカ(USA for Africa)へは、錚々たるメンバーが参加している。主な参加アーティストは次のとおり。

マイケル・ジャクソン

ライオネル・リッチー

スティーヴィー・ワンダー

ポール・サイモン

ビリー・ジョエル

ダイアナ・ロス

ブルース・スプリングスティーン

シンディ・ローパー

ボブ・ディラン

レイ・チャールズ

【YouTube】We Are the World (Official Video)

歌詞の意味・和訳(意訳)

『We Are The World』(ウィ・アー・ザ・ワールド)

作詞・作曲:マイケル・ジャクソン/ライオネル・リッチー

There comes a time
when we heed a certain call
When the world must
come together as one

There are people dying
And its time to lend a hand to life
The greatest gift of all

時が来た
ある叫びを聞く時が
世界が一つになる時が

死に瀕した人々に
手を差し伸べる時だ
命は最高の贈り物なんだ

We can't go on
pretending day by day
That someone, somewhere
will soon make a change

We are all a part of Gods
great big family
And the truth, you know,
Love is all we need

どこかの誰かが
変えてくれるだなんて
知らんふりの日々はもう終わりだ

僕らはみな神の一部 大きな家族
それが真実さ わかるだろ
必要なのは愛なんだ

We are the world
We are the children
We are the ones
Who make a brighter day
So lets start giving

僕らは一つの世界
僕らはその子供
僕らこそがもっと明るい日にできる
だから分け与えよう

There's a choice we're making
We're saving our own lives
Its true we'll make a better day
Just you and me

僕らは選択できる
僕ら自身の命を救うんだ
本当さ もっと良い日にできる
君と僕とで

Send them your heart
so they'll know that someone cares
And their lives will be stronger and free

As God has shown us
by turning stones to bread
So we all must lend a helping hand

君の心を伝えよう
彼らが気付いてくれるように
心配してくれる人がいる事を
彼らの命が強く自由になる事を

石をパンに変えることで
神が僕らに示されたように
僕らも救いの手を差し伸べよう

We are the world
We are the children
We are the ones
who make a brighter day
So lets start giving

僕らは一つの世界
僕らはその子供
僕らこそがもっと明るい日にできる
だから分け与えよう

There's a choice we're making
We're saving our own lives
Its true we'll make a better day
Just you and me

僕らは選択できる
僕ら自身の命を救うんだ
本当さ もっと良い日にできる
君と僕とで

When you're down and out,
there seems no hope at all
But if you just believe
there's no way we can fall

Let us realize that
a change can only come
When we stand together as one

君が落ちぶれ果てて
まったく希望を見出せなくても
信じさえすれば
僕らは決して倒れはしない

さあ気づこう 変化が起きるのは
僕らが一つになったときだけなんだ

We are the world,
We are the children
We are the ones
Who make a brighter day
So lets start giving

僕らは一つの世界
僕らはその子供
僕らこそがもっと明るい日にできる
だから分け与えよう

There's a choice we're making
We're saving our own lives
Its true we'll make a better day
Just you and me

Just You and me

僕らは選択できる
僕ら自身の命を救うんだ
本当さ もっと良い日にできる
君と僕とで
君と僕とで

元祖はイギリスの「バンド・エイド」プロジェクト

USAフォー・アフリカ(USA for Africa)が結成された前年(1984年)、イギリスでは、イギリスとアイルランドのロック・ポップス界のスーパースターが終結したチャリティー・プロジェクト「バンド・エイド(Band Aid)」が大成功を収めていた。

参加メンバーは、フィル・コリンズ、デヴィッド・ボウイ、ポール・マッカートニー、ポール・ヤング、ボノ(U2のリードボーカル)、スタイル・カウンシル、ブームタウン・ラッツ、デュラン・デュランなど、イギリス・アイルランドを代表する豪華なアーティストが一堂に介した。

「バンド・エイド(Band Aid)」プロジェクトでリリースされたクリスマスソング『Do They Know It's Christmas?(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)』は、今日まで何度もリメイクされ、チャリティーソングブームのパイオニアとして21世紀においてもその存在感を放ち続けている。

2010年版『We Are The World』

1985年のアフリカ救済チャリティーソング『We Are The World ウィ・アー・ザ・ワールド』が、ハイチ救済のために再レコーディングされ、レディー・ガガやエミネム、U2ボノなどがボーカルとして参加した。

2010年2月1日、ロサンゼルのジム・ヘンソンスタジオに、25年前と同じクインシー・ジョーンズがプロデューサーとなって総勢約75人以上の歌手が集結した。

主なアーティストは、JAY-Z、PINK、セリーヌ・ディオン、アッシャー、ナタリー・コール、レディー・ガガ、エミネム、U2ボノ、ジャスティン・ティンバーレイクなど。

故マイケル・ジャクソンが参加した25年前に引けを取らない豪華なメンバー。収録された曲の販売収益は、ハイチ復興のために使われる。

関連ページ

Do They Know It's Christmas?(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)
『We Are The World』誕生のきっかけとなったイギリスのチャリティプロジェクト
アメリカ民謡・童謡 有名な曲
『大きな古時計』、『森のくまさん』、『線路はつづくよどこまでも』など、有名なアメリカ民謡・童謡特集