茶色の小瓶(こびん)
The Little Brown Jug

グレン・ミラー楽団の代表曲としてジャズのスタンダードへ

『茶色の小瓶(こびん) The Little Brown Jug』(リトル・ブラウン・ジャグ)は、1869年にアメリカのフィラデルフィアで発表された曲。作曲はジョセフ・イーストバーン・ウィナー(Eastburn/Joseph Eastburn Winner)。

歌詞に登場するのは、酒好きな二人の男女。彼女はジンが好きで、僕はラム酒が好き。

友達をなくしても、ボロを着る羽目になっても、それでもやめられないお酒。農場に行くときも、茶色の小瓶を腰にぶら下げ、お酒とひとときも離れたくない。そんな歌詞の内容だ。

グレンミラー楽団のジャズナンバー

『茶色の小瓶 The Little Brown Jug』は、グレンミラー楽団のジャズナンバーとしても有名。

グレン・ミラー(Glenn Miller/1904- 1944)は、アメリカのジャズミュージシャン。トロンボーン奏者としては目立たなかったものの、1937年に自己のオーケストラを結成後、バンドリーダー、作曲家として絶大な人気を博した。

グレン・ミラーは、カウント・ベイシー、ベニー・グッドマン、デューク・エリントン等と共に、スウィングジャズ/ビッグ・バンドの代表的な奏者として今日まで高い評価を受けている名プレーヤーだ。

【関連ページ】 スタンダード・ジャズ特集へ

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集へ

【試聴】茶色の小瓶 The Little Brown Jug

歌詞(一部)・日本語訳(意訳)

1.

SWING!-all about BIG BAND

My wife and I lived all alone
In a little log hut we called our own;
She loved gin, and I loved rum,
I tell you what, we'd lots of fun.

女房と俺で丸太小屋
彼女はジン 俺はラム
酒を楽しく飲み明かす

Chorus:
Ha, ha, ha, you and me,
" Little brown jug" don't I love thee;
Ha, ha ha, you and me,
" Little brown jug" don't I love thee.

ハッハッハッ お前と俺
茶色の小瓶なんて大っ嫌いさ(大好きさ)!
ハッハッハッ お前と俺
茶色の小瓶なんて大っ嫌いさ(大好きさ)!

2.
'Tis you who makes my friends my foes,
'Tis you who makes me wear old clothes;
Here you are, so near my nose,
So tip her up, and down she goes.

酒のせいで友達を失くし
酒のせいでボロを着て
香りを嗅いで グイっとやれば
あっという間に腹の中

Chorus:
Ha, ha, ha, you and me,
" Little brown jug" don't I love thee;
Ha, ha ha, you and me,
" Little brown jug" don't I love thee.

ハッハッハッ お前と俺
茶色の小瓶なんて大っ嫌いさ(大好きさ)!
ハッハッハッ お前と俺
茶色の小瓶なんて大っ嫌いさ(大好きさ)!