峠の我が家 Home on the Range

アメリカ歌曲/空は澄み渡り 鹿やアンテロープがたわむれる

バファローがうろつき、鹿やアンテロープが駆け回り、空は一日中雲ひとつ無く晴れ渡る・・・。

『Home on the Range  峠の我が家』では、広大なアメリカ大陸の大自然が郷愁を込めて歌い上げられる。

歌詞は、Dr. Brewster Higleyが詩集「My Western Home」の中で1870年年頃に発表したものがオリジナルだという。

メロディーは、Higleyの友人Daniel Kelleyによるオリジナルを、テキサス州の作曲家Texas composer David Guion (1892-1981)がアレンジしたもの。

1947年にはカンサス州の州歌に指定されたほか、フランクリン・ルーズベルト大統領の愛唱歌としても有名。

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲特集へ

【試聴】峠の我が家 Home on the Range

歌詞・日本語訳(意訳)

Oh, give me a home, where the buffalo roam
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day.

我が家の周りではバッファローがうろつき
鹿やアンテロープがたわむれる
落胆の言葉は聞かれず
空は一日中雲一つなく晴れ渡る

Chorus
Home, home on the range
Where the deer and the antelope play
Where seldom is heard a discouraging word
And the skies are not cloudy all day.

<コーラス>
峠の我が家よ
鹿やアンテロープがたわむれる
落胆の言葉は聞かれず
空は一日中雲一つなく晴れ渡る

How often at night, when the heavens are bright
With the light from the glittering stars
I've stood there amazed, and asked, as I gazed,
If their glory exceeds that of ours.
Chorus

夜空は星明りに明るく輝く
驚嘆のあまり立ちつくし
じっと夜空を見つめる
人間界の栄光も
星々の輝きには敵わぬのだろうか
<コーラス>

The air is so pure, and the zephyrs so free
And the breezes so balmy and light
I would not exchange my home on the range
For all the cities so bright.
Chorus

澄んだ空気 そよ吹く風
爽やかに 軽やかに吹き抜ける
どんな輝かしい街にも変え難い
峠の我が家よ
<コーラス>