乗り物のうた 乗り物に関する民謡・童謡・音楽

歌詞に乗り物が出てくる日本の歌・世界の歌まとめ

「乗り物のうた」では、自動車、電車、バス、汽車、馬車、自転車など、人が乗る乗り物から、物を運ぶ荷車やトラックまで、乗り物に関する世界の民謡・童謡、乗り物が歌詞に登場する世界の歌、乗り物をテーマとした音楽などを幅広くまとめている。

「乗り物」以外の内容別の歌については、こちらのページ「テーマ別・内容別のうた・音楽」でまとめているので是非お立ち寄りいただきたい。

自動車のうた

はたらくくるま
いろんな車があるんだなぁ いろんなお仕事あるんだなぁ
車にゆられて(ラ・クカラチャ)
車にゆられて仕事にでかける陽気な仲間達

汽車のうた

線路は続くよどこまでも
原曲の舞台は西部開拓時代のアメリカ。大陸横断鉄道の工事現場で働く工夫達の様子が描かれている。
汽車(今は山中 今は浜)
今は鉄橋渡るぞと 変わる景色のおもしろさ
汽車ポッポ(兵隊さんの汽車)
歌のモデルとなった御殿場駅のホームでの風景とは?
夜汽車(いつも いつも とおる夜汽車)
静かな響き聞けば 遠い町を思い出す
ユーモレスク第7番 ドヴォルザーク
ドヴォルザークは熱狂的な鉄道オタクとして有名。ユーモレスクの曲想も汽車に揺られながら思い付いたものだという。

電車・バスのうた

フニクリ・フニクラ
行こう 行こう 火の山へ! ベスビオ火山の登山電車は急勾配?
電車ごっこ
運転手は君だ 車掌は僕だ♪
グッドバイ
父さんおでかけ手をあげて 電車に乗ったらグッドバイバイ♪
バスのうた THE WHEELS ON THE BUS
バスの車輪がクルクル回り ドアが開いてバッタンバッタン!
A列車で行こう (ジャズ)
デューク・エリントン楽団のテーマ曲として知られる

馬車のうた

クシコスポスト ネッケ
四輪馬車が誕生したハンガリーを走る郵便馬車
駅馬車(寂しい草原に埋めないで)
アリゾナからニューメキシコへと駆け抜ける一台の駅馬車
トロイカ
トロイカとは、この歌では三頭立ての馬車を指す。街道沿いに作られた宿駅で馬を替えて旅や運送を行っていた。
この道
この道はいつか来た道 ああ そうだよ お母さまと馬車で行ったよ
ドナドナ
ある晴れた昼下がり 市場へ続く道 荷馬車がゴトゴト 子牛を載せてゆく 可愛い子牛 売られてゆくよ…

チャリオット

ウェン・ザ・チャリオット・カムズ
童謡『ピクニック(丘を越え行こうよ 口笛吹きつつ)』の原曲?
スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット
もし君が先に着いたのなら 僕もすぐに行くよと伝えておくれ

そりの歌

ジングルベル
走れそりよ 風のように 雪の中を 軽く早く♪
赤鼻のトナカイ
真っ赤なお鼻の トナカイさんは いつもみんなの笑いもの

自転車のうた

青春サイクリング
サイクリング サイクリング ヤッホー ヤッホー♪
デイジーベル(二人乗りの自転車)
二人乗りの自転車に乗った君は きっと素敵に見えるはずさ!

荷車・リヤカー

モリーマローン アイルランド歌謡
手押し車の魚売り、美しい娘は病に倒れ…
桃太郎 ももたろう
お伴の犬や 猿キジは 勇んで車を えんやらや♪

トラック

いすずのトラック
いつまでも どこまでも 走れ走れ いすずのトラック
夜明けの仲間たち
陽が昇る 空が燃える 世界が目覚める 元気にゆこう 夜明けの仲間たち♪

関連ページ

シーシャンティ 船乗りの歌
イギリスの船乗りたちの労働歌シーシャンティ(Sea Shanty)の有名な曲・代表曲の歌詞と日本語訳、解説とYouTube動画まとめ。
移動販売・引き売り・物売りの売り声・音楽
石焼き芋、わらびもち、灯油販売、竿竹、ロバのパン屋さんなど、移動販売に関する歌・音楽まとめ
テーマ別・内容別のうた・音楽
母の歌、父の歌、春夏秋冬・季節の歌、動物のうたなど、歌のテーマ別・内容別にまとめた世界の有名な歌・音楽