汽車ポッポ 童謡・唱歌の試聴

汽車ポッポ(兵隊さんの汽車)

歌のモデルとなった御殿場駅のホームでの風景とは?

『汽車ポッポ』は、作詞:富原薫(ふはら かおる)、作曲:草川信による日本の歌曲。元のタイトルは『兵隊さんの汽車』。歌詞の内容も今日のものとは一部異なり、戦地に赴く兵士を歓送するものだった。

作詞者の富原は、静岡県御殿場市で小学校の教諭を務めていた。御殿場には陸軍の演習場があった上、御殿場駅のホームでは、出征する兵士を万歳三唱で送り出す光景が連日見られた。富原はそんな日常風景を素直に詞にしたという。

実際に1番の後半の歌詞は、「僕らも手に手に日の丸の 旗をふりふり送りましょう」、「万歳 万歳 万歳 兵隊さん 兵隊さん 万々歳」と、汽車で出征する兵士を見送る様子が描写されている。

ちなみに、メロディーはシューベルト『軍隊行進曲』をモチーフにしているそうだ。

なお、「今は山中(やまなか)今は浜 今は鉄橋渡るぞと」が歌い出しの童謡・唱歌『汽車』についてはこちらのページを参照されたい。

【参考文献】 読売新聞文化部「唱歌・童謡ものがたり」 p268

【試聴】汽車ポッポ

関連ページ

早起き時計(チックタック チックタック ボーンボン)
『汽車ポッポ』の作詞者:富原薫が手掛けた童謡

汽車・電車のうた

汽車(今は山中 今は浜)
今は鉄橋渡るぞと 変わる景色のおもしろさ
線路は続くよどこまでも
原曲の舞台は西部開拓時代のアメリカ。大陸横断鉄道の工事現場で働く工夫達の様子が描かれている。
鉄道唱歌 東海道編の歌詞 全文
汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり
夜汽車(いつも いつも とおる夜汽車)
静かな響き聞けば 遠い町を思い出す
乗り物のうた 乗り物に関する童謡・音楽
自動車、電車、バス、汽車、馬車、自転車など、乗り物に関する世界のうた・音楽まとめ