われは海の子

日本の童謡・唱歌/我は海の子白波の さわぐいそべの松原に 

夏のうた『われは海の子(我は海の子)』は、1910年(明治43年)に『尋常小学読本唱歌』で発表された日本の童謡・唱歌

文部省の懸賞募集に応募した鹿児島市出身の宮原晃一郎(1882-1945)の詩が採用されたとされている。鹿児島市の祇園之洲公園にはこの歌の歌碑が建てられている。

不断の花って何?普段の花?

歌詞は全部で七番まであるが、今日歌われるのは一般的に三番までとなっている。明治後期の詩人による作品だけあって古めかしい表現が多い。

例えば、「苫屋(とまや)」、「湯浴み(ゆあみ)」、「不断の花」など、間違って「普段の花」と勘違いして今まで気がつかなかった方がいてもおかしくないだろう。ちなみに「不断の花」といえば、ほぼ一年中花をつける不断桜が有名で、全国各地の寺の境内などで楽しむことができる。

【関連ページ】 『海 (うみは広いな大きいな)

【関連ページ】 『海 (松原遠く 消ゆるところ)

【関連ページ】 夏を感じる日本の童謡・唱歌・クラシック音楽など

【試聴】われは海の子/文部省唱歌

【試聴】われは海の子 フルバージョン (映像:ヴェルニー公園と横須賀軍港)

【歌詞】 われは海の子

我は海の子 白波の
さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家なれ

生まれて潮にゆあみして
波を子守の歌と聞き
千里寄せくる海の気を
吸ひてわらべとなりにけり

高く鼻つくいその香に
不断の花のかをりあり
なぎさの松に吹く風を
いみじき楽と我は聞く