海(松原遠く消ゆるところ)

日本の童謡・唱歌/作詞・作曲:不詳

「松原遠く 消ゆるところ」が歌い出しの『海(うみ)』は、作詞・作曲者不詳の童謡・唱歌。1913年(大将2年)発表。

歌詞の「闇に著(しる)き」とは、夜の暗い闇の中でも形がはっきりと分かる様子を意味している。また「いさご」とは、ごく細かい石、砂を意味する。砂子とも表記される。

三保の松原と富士山 静岡県静岡市清水区の三保半島

虹の松原 佐賀県唐津市の唐津湾沿岸

【関連ページ】『われは海の子

【関連ページ】『海(うみは広いな大きいな)

【関連ページ】 夏を感じる日本の童謡・唱歌・クラシック音楽など

日本の民謡・童謡・唱歌

【試聴】海 松原遠く消ゆるところ

【歌詞】 海

松原遠く消ゆるところ
白帆(しらほ)の影は浮かぶ
干網(ほしあみ)浜に高くして
かもめは低く波に飛ぶ
見よ昼の海
見よ昼の海

島山闇に著(しる)きあたり
漁火(いさりび)光り淡し
寄る波岸に緩くして
浦風軽(かろ)く沙(いさご)吹く
見よ夜の海
見よ夜の海