お正月の歌

もういくつねるとお正月 はやくこいこいお正月

「もういくつねるとお正月」が歌い出しの『お正月』は、瀧 廉太郎(滝 廉太郎)作曲による日本の唱歌

一番の歌詞では、「お正月には 凧あげて こまをまわして 遊びましょう」と男の子向けの正月遊びが、二番の歌詞では「お正月には まりついて おいばねついて 遊びましょう」と女の子向けの正月遊びが歌われている。

小中学生の間では、「お正月には モチ食って のどに詰まって…」などと年始から身もふたもない替え歌が歌われているようだが、お正月ぐらいは穏やかな気持ちで過ごしていただきたいものだ。

羽子板の羽根とムクロジの意味

念のために補足すると、二番の歌詞の「おいばね(追い羽根)」とは、羽根を羽子板でつき合うおなじみの正月の遊び。「羽根つき」、「追い羽子(はご)」とも呼ばれる。

羽根の根元には、かつてはムクロジ科の落葉樹の黒い実が使われていた。わらべうた『いちじくにんじん』では、数字の「6(ろく)」を表す「むくろじゅ」として歌われている。

ムクロジは漢字で「無患子」と書く。これが「子が患(わずら)わ無い」と解釈できるため、女児への無病息災の願いを込めて、江戸時代には女児のいる家庭に縁起物の歳暮として羽子板が年の暮れに贈られていた。

ベスト・オブ・正月

試聴・歌詞:滝廉太郎『お正月』

もういくつねるとお正月
お正月には 凧あげて
こまをまわして 遊びましょう
はやくこいこいお正月

もういくつねるとお正月
お正月には まりついて
おいばねついて 遊びましょう
はやくこいこいお正月

シベリウス『交響曲第1番』第2楽章に似てる?

余談だが、瀧 廉太郎『お正月』のメロディは、フィンランドの作曲家シベリウスが1899年に作曲した『交響曲第1番 ホ短調』第2楽章の主題によく似ている。

『お正月』は『交響曲第1番』の翌年に作曲されているので、瀧 廉太郎はシベリウスから何らかの影響を受けていた可能性もなくはない。

ちなみに、瀧 廉太郎が作曲した『荒城の月』や『箱根八里』などの歌曲には、ドイツの作曲家メンデルスゾーンの影響が垣間見られる。

詳しくは、こちらの「瀧 廉太郎 有名な曲・代表曲」の解説をご参照願いたい。

お正月 関連ページ

お正月の歌・新年の曲
「一月一日」、「お正月」、「春の海」、「十二支のうた(干支の歌)」など、新年・お正月に関連する日本の歌やお琴の曲
正月・新年の年中行事
鏡餅、鏡開き、小正月、二十日正月、具足祝いなど、正月に行われる年間行事トピックス
瀧 廉太郎 有名な曲・代表曲
『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ
元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室
一部のメロディがよく似た2曲や、カバーされた原曲・元ネタあれこれまとめ。ジャンルは歌謡曲やアニメ・ゲーム音楽など幅広く。