七草の歌(七草なずな/七草ばやし)

日本のわらべうた/七草なずな 唐土の鳥が♪

『七草の歌(七草なずな/七草ばやし)』は、春の七草を料理する際に歌われる古いわらべうた

春の七草とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ。これら七草を、新年1月6日の夜にまな板の上で包丁の背などでトントンたたいて細かく柔らかくしておき、翌日の朝におかゆに入れて七草粥(ななくさがゆ)としていただく。

七草をトントンを叩く際に、この『七草の歌(七草なずな/七草ばやし)』が歌われる。

七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン

邪気や厄病を追い払う七草の歌

唐土の鳥(とうどのとり)とは、唐土、つまり中国から飛来する渡り鳥を意味すると思われるが、詳細は不明だ。

この歌には、農作物に害虫・疫病が流行しないよう害鳥を追い払う儀式「鳥追い」の名残が見られる。

新年の一年間が無病息災でいられるよう、音を立てて害鳥を追い払うように、邪気や厄病を追い払う意味合いが込められているのではないだろうか。

【試聴】七草の歌(七草なずな/七草ばやし)

お正月 関連ページ

お正月の歌・新年の曲
「一月一日」、「お正月」、「春の海」、「十二支のうた(干支の歌)」など、新年・お正月に関連する日本の歌やお琴の曲
正月・新年の年中行事
鏡餅、鏡開き、小正月、二十日正月、具足祝いなど、正月に行われる年間行事トピックス

わらべうた関連ページ

有名なわらべうた
「あんたがたどこさ」、「はないちもんめ」、「おちゃらかほい」、「ずいずいずっころばし」など、日本の古いわらべうた
日本の民謡・童謡・唱歌
『赤い靴』、『いぬのおまわりさん』、『サッちゃん』、『シャボン玉』など、有名な日本の民謡・童謡一覧