早春賦 そうしゅんふ

春は名のみの風の寒さや 谷のうぐいす歌は思えど

「早春賦(そうしゅんふ)」は、吉丸一昌(よしまる かずまさ)作詞、中田章(なかた あきら)作曲による日本の歌曲。

写真:長岡天満宮の白梅(出典:Wikipedia)

作詞当時、東京音楽学校の教授だった吉丸一昌は、『尋常小学校唱歌』の編纂委員として活動していた。吉丸は、大正の初期に長野県安曇野を訪れ、穂高町あたりの雪解け風景に感銘を受けて「早春賦」の詩を書き上げたとされている。

なお、吉丸一昌はドイツ歌曲『故郷を離るる歌 Der letzte Abend』の訳詩を行ったことでも知られている。

【試聴・歌詞】 早春賦(そうしゅんふ)

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよと この頃か
いかにせよと この頃

立春を過ぎたら本当に春?

歌詞の「春は名のみの」とは、立春(りっしゅん)を過ぎて暦の上での「春」になったことを指す。

立春は二十四節気の1つで、冬至と春分の中間にあたり、この日から立夏の前日までが暦の上での「春」となる。通常は2月4日頃で、九州など暖かい地方では梅が咲き始める。

立春の前日は節分、立春から数えて88日目を八十八夜と呼び、文部省唱歌「茶摘(ちゃつみ)」ではこの八十八夜が歌詞に歌いこまれている。

あのクラシックの名曲とそっくり?!

余談だが、作曲者の中田章は、『夏の思い出』『ちいさい秋みつけた』『雪の降る街を』などで有名な中田喜直の父。

中田親子による作品にはモーツァルトやショパンなどの有名なクラシックから影響を受けたと思われるものが散見され、この「早春賦」はモーツァルト作曲「春への憧れ(K596)」と非常に曲想が似通っている。

【試聴】モーツァルト「春への憧れ」

関連ページ

元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室
一部のメロディがよく似た2曲や、カバーされた原曲・元ネタあれこれまとめ。ジャンルは歌謡曲やアニメ・ゲーム音楽など幅広く。
春の童謡・唱歌・日本のうた
『春よ来い』、『春が来た』、『花(春のうららの隅田川)』など、春をテーマとした日本の童謡・唱歌まとめ