サラ・ブライトマン Sarah Brightman

クラシカル・クロスオーバー作品で有名なイギリスのソプラノ歌手

イギリスのソプラノ歌手・女優のサラ・ブライトマン(Sarah Brightman/1960-)による有名な楽曲とその関連曲について、歌詞の意味や和訳、作品解説、YouTube動画まとめ。

ミュージカル女優として活躍したのち、1990年代からソロ歌手としての活動に専念。クラシック音楽ポピュラーソングを融合したクラシカル・クロスオーバー作品で数々の世界的ヒット作を生み出している。

サラ・ブライトマン Sarah Brightman

写真:サラ・ブライトマン(出典:Wikipedia)

有名な曲・カバー曲

オペラ座の怪人
ロイド=ウェバーは、当時ミュージカル俳優としては無名だった妻サラ・ブライトマン(現在は離婚)を主役に抜擢した。
クエスチョン・オブ・オナー
テレビ朝日「サッカー・ワールドカップ中継」テーマ曲、トヨタ自動車マークXのCM曲として有名。
スタンド・アローン Stand Alone
NHK新ドラマ「坂の上の雲」主題歌。サラ・ブライトマン初となる日本語歌唱に注目。
ネッラ・ファンタジア Nella Fantasia
原曲は、1986年のイギリス映画「ミッション(The Mission)」サウンドトラック中の『ガブリエルのオーボエ Gabriel's Oboe』。
ガブリエルのオーボエ Gabriel's Oboe
イタリアの作曲家エンニオ・モリコーネ作曲の映画「ミッション」劇中曲
サラバンド Sarabande
ヘンデル作曲『ハープシコード組曲 第2集』第4曲をクロスオーバーアレンジ。
スカボローフェア
1960年代に活躍したアメリカのフォークロックデュオ、サイモン&ガーファンクルによるカバーが世界的に有名。
タイム・トゥ・セイ・グッバイ Time To Say Goodbye
盲目のテノール歌手ボチェッリとのデュエットで有名。

ベスト盤

ベスト・オブ・サラ・ブライトマン

ジャケット写真: 輝けるディーヴァ ベスト・オブ・サラ・ブライトマン

カバーしたクラシック音楽

アヴェ・マリア Ave Maria
『シューベルトのアヴェ・マリア』。グノー(バッハ)やカッチーニのアヴェ・マリアと並ぶ、世界三大アヴェ・マリアの一つ。
私を泣かせて下さい Lascia Ch'io Pianga
ヘンデル オペラ「リナルド Rinaldo」第2幕より。曲名は『涙の流れるままに(流るるままに)』との表記も見られる。
アルハンブラの想い出
グラナダの丘にそびえるスペインの世界遺産アルハンブラ宮殿
さようなら、ふるさとの家よ
サラ・ブライトマン『クエスチョン・オブ・オナー』に引用されたオペラのアリア
私のお父さん O mio babbino caro
プッチーニ 歌劇『ジャンニ・スキッキ』より
バイレロ(オーヴェルニュの歌)
フランスの作曲家ジョゼフ・カントルーブが描く故郷の情景
アメイジング・グレイス Amazing Grace
ジョン・ニュートンの作詞による賛美歌・ゴスペルの名曲。バグパイプでも演奏される。
誰も寝てはならぬ オペラ「トゥーランドット」
冬季トリノオリンピック女子フィギアスケートで金メダルを獲得した荒川静香選手がフリーの演技で使用し、大きな注目を集めた。

クラシック系ベスト盤

サラ・ブライトマン・クラシックス

ジャケット写真:アヴェ・マリア ~サラ・ブライトマン・クラシックス

関連ページ

ミュージカルの主題歌・有名な歌・名曲
「サウンド・オブ・ミュージック」、「レ・ミゼラブル」、「ウエストサイド物語」など、世界的に有名なミュージカル映画の主題歌・挿入歌について、歌詞の意味・和訳・作品解説とYouTube動画まとめ
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
J.S.バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴