草競馬 歌詞の意味・和訳

キャンプタウンの女達が歌ってる ドゥーダー!

『草競馬』(くさけいば)は、19世紀の音楽家スティーブン・フォスターが24歳(1850年)頃に作曲したアメリカ歌曲。原題『Camptown Races』(キャンプタウン・レイシーズ)。

「おおスザンナ」の大ヒットから数年後の曲で、クリスティー・ミンストレルズにも歌われている。

原曲のタイトルの「Camptown(キャンプタウン)」とは、19世紀半ばの西部開拓時代のアメリカで、大陸横断鉄道の建設会社が一時的な生活の場として設営したテント村のことを指す。

フォスター自身もペンシルバニアでキャンプタウンを実際に目にし、そこで開かれていた競馬のレース曲想を得たと思われる。歌詞には黒人英語(エボニクス/Ebonics)が多用されている。

【試聴】草競馬 Camptown Races

歌詞の意味・日本語訳(意訳)

De Camptown ladies sing dis song
Doo-dah! doo-dah!
De Camptown racetrack five miles long
Oh! doo-dah-day!

キャンプタウンの女達が歌ってる
ドゥーダー!ドゥーダー!

レーストラックは5マイル(約8km)
オー!ドゥーダーデイ!

I come down dah wid my hat caved in,
Doo-dah! doo-dah!
I go back home wid a pock-et full of tin,
Oh! doo-dah-day!

オイラは帽子をへこませて
ドゥーダー!ドゥーダー!

ポケットいっぱい小銭を持ち帰る
オー!ドゥーダーデイ!

chorus
Gwin to run all night!
Gwin to run all day!
I'll bet my mon-ey on de bob-tail nag
Somebody bet on de bay

<コーラス>
一晩中走れ!一日中走れ!
オイラはボブテールに賭けるんだ
栗毛馬に賭ける奴もいる

2.
De long tail filly and de big black hoss
Doo-dah! doo-dah!
Dey fly de track and dey both cut across
Oh, doo-dah-day!

尾の長い雌の子馬と
でかくて黒い馬
ドゥーダー!ドゥーダー!

飛ぶように駆けて
互いに競り合う
オー!ドゥーダーデイ!

De blind hoss sticken in a big mud hole
Doo-dah! doo-dah!
Can't touch bottom wid a ten foot pole
Oh, doo-dah-day!

目の見えない馬は
でかい泥の穴にはまった
ドゥーダー!ドゥーダー!

3メートルの棒でも
底につかない
オー!ドゥーダーデイ!

chorus
Gwin to run all night!
Gwin to run all day!
I'll bet my mon-ey on de bob-tail nag
Somebody bet on de bay

<コーラス>
一晩中走れ!一日中走れ!
オイラはボブテールに賭けるんだ
栗毛馬に賭ける奴もいる

3.
Old muley cow come on to de track
Doo-dah! doo-dah!
De bob-tail fling her ober his back
Oh, doo-dah-day!

ツノ無しの老いた雌牛がコースに来ると
ドゥーダー!ドゥーダー!

ボブテールが彼女を背負い投げ
オー!ドゥーダーデイ!

Den fly along like a rail-road car
Doo-dah! doo-dah!
Runnin' a race wid a shootin' star
Oh, doo-dah-day!

列車みたいに飛んでいく
ドゥーダー!ドゥーダー!

流れ星と競走してる
オー!ドゥーダーデイ!

chorus
Gwin to run all night!
Gwin to run all day!
I'll bet my mon-ey on de bob-tail nag
Somebody bet on de bay

<コーラス>
一晩中走れ!一日中走れ!
オイラはボブテールに賭けるんだ
栗毛馬に賭ける奴もいる

4.
See dem flyin' on a ten mile heat
Doo-dah doo-dah!
Round de race track, den repeat
Oh, doo-dah-day!

飛ぶように走る馬たち
倍の10マイル(約16km)で勝負だ
ドゥーダー!ドゥーダー!

コースを一周 さらにもう一周
オー!ドゥーダーデイ!

I win my money on de bob-tail nag
Doo-dah! doo-dah!
I keep my money in an old tow-bag
Oh, doo-dah-day!

俺はボブテールに賭けて勝つ
ドゥーダー!ドゥーダー!

儲けた金は古い麻袋に入れておく
オー!ドゥーダーデイ!

chorus
Gwin to run all night!
Gwin to run all day!
I'll bet my mon-ey on de bob-tail nag
Somebody bet on de bay

<コーラス>
一晩中走れ!一日中走れ!
オイラはボブテールに賭けるんだ
栗毛馬に賭ける奴もいる

日本語歌詞

日本語歌詞については、同じくフォスター歌曲『夢路より(夢見る人)』や『おおスザンナ』の訳詞を手がけた作詞家・津川主一(つがわ しゅいち)による次のような歌詞が知られている。

1.
草競馬が始まる
ドゥダードゥダー
五哩(まいる)の競馬だぞ
おおドゥダデー

シャッポを被(かぶ)って出かけ
ドゥダードゥダー
銀貨を掴(つか)んで帰る
おおドゥダデー

一日中 駆け回り
しっぽの短い馬に
金を賭ける

2.
栗毛や黒馬が
ドゥダードゥダー
矢のように突っ走る
おおドゥダデー

深い穴へと落ち込んで
ドゥダードゥダー
もがいているのもあるぞ
おおドゥダデー

一日中 駆け回り
しっぽの短い馬に
金を賭ける

3.
老いぼれ牛が出てきて
ドゥダードゥダー
馬にはねとばされる
おおドゥダデー

馬が汽車のようだ
ドゥダードゥダー
流星のように突っ走る
おおドゥダデー

一日中 駆け回り
しっぽの短い馬に
金を賭ける

4.
十哩の競馬だぞ
ドゥダードゥダー
五哩を二度廻る
おおドゥダデー

わしの馬が勝ったぞ
ドゥダードゥダー
金は財布へ入れよう
おおドゥダデー

一日中 駆け回り
しっぽの短い馬に
金を賭ける

関連ページ

アメリカ民謡の父 スティーブン・フォスター
『おおスザンナ』、『懐かしきケンタッキーの我が家』、『金髪のジェニー』、『夢路より』など、19世紀アメリカで活躍した音楽家スティーブン・フォスター名曲集
馬のうた
『トロイカ』、『おうまはみんな』、『魔王(シューベルト)』など、馬に関する日本の民謡・童謡・世界の歌まとめ。
アメリカ民謡・歌謡インデックス
『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『峠の我が家』、『オーラリー』など、日本でも有名なアメリカ民謡・歌曲特集。