夢路より(夢見る人)
Beautiful Dreamer

フォスター歌曲/死後に発表されたフォスターの遺作

「夢路より(夢見る人)/Beautiful Dreamer」は、19世紀アメリカの音楽家フォスター晩年の作品。死後まもなく発表された彼の遺作。

フォスター特集「晩年~悲運の事故死」のページにもあるとおり、フォスターは1864年1月13日に37歳の若さでこの世を去っており、この「夢路より(夢見る人)」はその死の数日前に完成したと伝えられている。

晩年のフォスターは、20代半ばのような創作意欲・能力もなく、妻と子供と離れ、ニューヨークの安宿で安酒をあおって堕落の生活を送っていた。

遺作となった「夢路より(夢見る人)」からは、廃れていく自分の人生を美しい旋律に昇華させることで苦しい現実から逃れようともがくフォスターの姿が目に浮かぶ。まるで自分の死を予感していたような不思議な印象さえある。

ドイツ民謡「ローレライ」が歌詞に登場?

フォスター名歌のすべて

2番の歌詞の「Mermaids are chaunting the wild lorelie」という部分で、「Mermaids(人魚)」や「lorelie(ローレライ)」といったワードが登場するが、これらは恐らくドイツ歌曲「ローレライ」のことを暗示的に指していると思われる。

ローレライの岩の上には金髪を梳いている美しい少女がいて、その魔性の歌声に心を奪われた船乗り達が舵をあやまり岩に激突したという伝説があるが、ローレライに対してフォスターが抱いているイメージが「夢見る人」のそれと近いものであったことが伺える。

【関連ページ】 アメリカ民謡の父 フォスター特集

【関連ページ】 アメリカ民謡・歌曲トップへ→

【試聴】夢路より(夢見る人)

歌詞・日本語訳(意訳)

Beautiful dreamer, wake unto me,
Starlight and dewdrops are waiting for thee;
Sounds of the rude world heard in the day,
Lull'd by the moonlight have all pass'd away!

美しき夢見る人よ、我が為に目覚めよ
星の光と露の雫が汝を待つ
粗暴な俗世の喧騒は
月の光に優しく照らされ、すべて過ぎ去りぬ

Beautiful dreamer, queen of my song,
List while I woo thee with soft melody;

ザ・ベスト・オブ・ロジェー・ワーグナー合唱団

我が歌の女王、美しき夢見る人よ
汝への愛の調べを聴き給え

Gone are the cares of life's busy throng,
Beautiful dreamer, awake unto me!
Beautiful dreamer, awake unto me!

雑踏に犇く日々の悩みは消え去らん
美しき夢見る人よ、我が為に目覚めよ
美しき夢見る人よ、我が為に目覚めよ

2
Beautiful dreamer, out on the sea
Mermaids are chaunting the wild lorelie;
Over the streamlet vapors are borne,
Waiting to fade at the bright coming morn.

美しき夢見る人よ、海原に出でん
人魚たちがローレライの歌を口ずさむ
小川の上にかすみが立ちこめ
朝の日差しに消え行くのを待つ

Beautiful dreamer, beam on my heart,
E'en as the morn on the streamlet and sea;

美しき夢見る人よ、我が心の希望の光
小川や海の朝の中で

Then will all clouds of sorrow depart,
Beautiful dreamer, awake unto me!
Beautiful dreamer, awake unto me!

悲しみの雲海は消え去りゆかん
美しき夢見る人よ、我が為に目覚めよ
美しき夢見る人よ、我が為に目覚めよ

関連ページ

アメリカ民謡の父 スティーブン・フォスター
『おおスザンナ』、『懐かしきケンタッキーの我が家』、『金髪のジェニー』、『夢路より』など、19世紀アメリカで活躍した音楽家スティーブン・フォスター名曲集
アメリカ民謡・歌謡インデックス
『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『峠の我が家』、『オーラリー』など、日本でも有名なアメリカ民謡・歌曲特集。