ピアノ・マン Piano Man 歌詞の意味・和訳

ビリー・ジョエルがピアノ弾き語りで働いていた頃の実体験が元に

『Piano Man』(ピアノ・マン)は、ビリー・ジョエル(Billy Joel)が1973年にリリースした楽曲。コロムビア・レコードからのデビュー後最初のヒット曲であり、ライヴの定番曲としても親しまれている。

この曲は、ビリー・ジョエルがピアノの弾き語りで生計を立てていた頃の実体験を元にした歌で、ウィキペディアによれば、歌詞中の登場人物は全て実在の人物をもとにしている(ビリー本人談)。

ビリー・ジョエル ベスト盤 Billy Joel

ジャケット写真:ビリー・ジョエル ベスト盤

歌詞の登場人物は、ビリー・ジョエルの友人もいれば、たまたまバーにいただけの知らない人物もいるが、いずれにせよ実在する人物をもとにしているとのこと。

客をあしらうウェイトレスについては、なんとビリーの最初の妻であるエリザベス・ウェーバーだそうだ。

【YouTube】 Billy Joel - Piano Man

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Piano Man』

作詞・作曲:ビリー・ジョエル(Billy Joel)

It's nine o'clock on a Saturday
The regular crowd shuffles in
There's an old man sitting next to me
Making love to his tonic and gin

土曜日の夜9痔
いつもの客たちが集まってくる
俺の隣に座ったジイさんは
トニックとジンを楽しんでる

He says, "Son can you play me a memory
I'm not really sure how it goes
But it's sad and it's sweet
And I knew it complete
When I wore a younger man's clothes."

彼は言った「若いの
思い出の曲を弾いてくれんか?
はっきりとは覚えてないんだが
切なく甘い曲だった
昔は全部覚えていたんだ
若者の服を着てた頃は」

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

歌ってくれ ピアノマン
歌ってくれ 今夜
みんな歌を聴きたい気分なんだ
いい気分にさせてくれよ

Now John at the bar is a friend of mine
He gets me my drinks for free
And he's quick with a joke or to light up your smoke
But there's someplace that he'd rather be

バーにいるジョンは俺の友達で
俺に酒をおごってくれる
彼はジョークも切れるし
タバコの火をすぐつけてくれる
でも彼には他に居るべき場所があるんだ

He says,"Bill, I believe this is killing me."
As a smile ran away from his face
"Well, I'm sure that I could be a movie star
If I could get out of this place."

彼は言う「ビル、もうウンザリだよ」
彼の顔から笑顔が消え去った
「ああ ここから抜け出せたら
俺はきっと映画スターにだってなれるのに」

Now Paul is a real estate novelist
Who never had time for a wife
And he's talking with Davy, who's still in the Navy
And probably will be for life

ポールは不動産屋で小説も書いてる
嫁さんを探す時間もなかった
彼が話してるデイヴィーは
海軍(ネイヴィー)に所属してる
多分一生そのままさ

And the waitress is practicing politics
As the businessmen slowly get stoned
Yes they're sharing a drink they call "Loneliness"
But it's better than drinking alone

ウェイトレスは立ち振る舞いを学ぶ
だんだん酔っぱらうビジネスマン相手に
そうさ 彼らは「孤独」という酒を分かち合ってる
ひとりで飲むよりずっとマシなのさ

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

歌ってくれ ピアノマン
歌ってくれ 今夜
みんな歌を聴きたい気分なんだ
いい気分にさせてくれよ

It's a pretty good crowd for a Saturday
And the manager gives me a smile
'Cause he knows that
It's me they've been coming to see
To forget about life for a while

土曜日にしては客入りがかなり良くて
支配人も笑顔をくれる
彼は知ってるから
みんな僕目当てだって
少しの間でも日々の生活を忘れたいのさ

And the piano it sounds like a carnival
And the microphone smells like a beer
And they sit at the bar and put bread in my jar
And say, "Man, what are you doing here?"

ピアノはカーニバルのように響き渡り
マイクはビールのように香り立つ
バーの客は僕にチップを弾みながら言うのさ
「兄ちゃん、こんなところで何してるんだ?」

Sing us a song you're the piano man
Sing us a song tonight
Well we're all in the mood for a melody
And you've got us feeling alright

歌ってくれ ピアノマン
歌ってくれ 今夜
みんな歌を聴きたい気分なんだ
いい気分にさせてくれよ

関連ページ

オネスティ Honesty 歌詞の意味・和訳
特に日本での人気が高いビリー・ジョエルの代表曲
ストレンジャー The Stranger 歌詞の意味・和訳
当時コロンビアレコードで最も売れた記録的アルバムに収録
素顔のままで Just the Way You Are
グラミー賞2部門を受賞したビリー・ジョエルの代表曲
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ