ハローミスターモンキー Hello Mr. Monkey 歌詞と和訳

西遊記ブームに乗って日本で大ヒットしたアラベスクのデビュー曲

『Hello Mr. Monkey』(ハロー・ミスター・モンキー)は、ドイツの女性音楽ユニット・アラベスク (Arabesque)が1977年にリリースしたデビューシングル(最大のヒット曲)。

本国ドイツやヨーロッパ諸国ではあまり売れなかったが、翌年に日本でリリースされると、1978年6月のオリコン洋楽シングルチャートで通算3週1位を獲得する大ヒット曲となった。

アラベスク・コンプリート・シングル・コレクション

ジャケット写真:アラベスク・コンプリート・シングル・コレクション

日本で『Hello Mr. Monkey』が大ヒットしたのは、当時ザ・ドリフターズやピンク・レディーらによるテレビ人形劇「飛べ!孫悟空」が人気を博しており、サル(モンキー)が主人公の『西遊記』人気が高まっていたことが大きな要因の一つと考えられる。

『Hello Mr. Monkey』が日本でリリースされた4か月後の1978年10月からは、ドラマ『西遊記(さいゆうき)』がスタート。孫悟空を堺正章、三蔵法師を夏目雅子が演じ、大人気ドラマとなった。

ドラマ『西遊記』主題歌は、ゴダイゴが英語で歌う『モンキーマジック(Monkey Magic)』。曲名に「モンキー」が使われたのは、『ハロー・ミスター・モンキー』の大ヒットが少なからず影響しているように思われる。

【YouTube】 Hello Mr. Monkey - Arabesque

歌詞の意味・和訳(意訳)

『Hello Mr. Monkey』

作詞・作曲:Ben Juris, Benny Lux

Hello, hello Mister Monkey
You're still so fast and funky
Hello, hello Mister Monkey
You should have been a clown

ハロー ハロー ミスターモンキー
あなたはまだとても身軽でファンキー
ハロー ハロー ミスターモンキー
ピエロを続けていればよかったのに

Once he was so famous, that little old clown
Everybody used to know his name
Now he's a nameless but happy old guy
The children laugh if only he goes by

かつて彼はとても有名だった
小柄で老いたピエロ
誰もが彼の名前を知っていた
今は無名だけど 幸せな老人よ
子どもたちは笑うの 彼が通り過ぎるだけで

Hello, hello Mister Monkey
You're still so fast and funky
Hello, hello Mister Monkey
You should have been a clown

ハロー ハロー ミスターモンキー
あなたはまだとても身軽でファンキー
ハロー ハロー ミスターモンキー
ピエロを続けていればよかったのに

When the sun is shining, he goes to the park
Climbs the empty bandstand on the green
Doing for the children his famous routine
So they still laugh when slowly he walks home

太陽が輝く日には
彼は公園に行くわ
誰もいない野外ステージに立って
子供たちに披露するの
彼の有名ないつもの芸を
子供たちはまだ笑ってる
彼がゆっくり家に帰るときも

関連ページ

モンキー・マジック Monkey Magic
ゴダイゴが英語で作詞したドラマ「西遊記」オープニングテーマ曲
ジンギスカン 歌詞の意味・和訳
モンゴル帝国を築いた英雄チンギス・ハーンをモチーフとしたヒット曲
ラスプーチン Rasputin 歌詞の意味・和訳
ジンギスカンにも影響を与えたボニーM最大のヒット曲
ゴーウエスト Go West 歌詞の意味
ペット・ショップ・ボーイズのカバーでリバイバルヒット
洋楽・ポピュラーソング 歌詞の意味・和訳
海外のアーティストによる比較的近年の名曲まとめ
サルのうた 猿に関連する童謡・唱歌・音楽
可愛いサルが出てくる有名な歌まとめ