フォスターの作曲活動にも多大な影響を与えた
『アンクル・トムの小屋』

19世紀アメリカ民謡の父 フォスター特集

1852年、実在した黒人奴隷をモデルに黒人奴隷制度の悲惨な現状を告発した歴史的名著『アンクル・トムの小屋(Uncle Tom's Cabin)』が発刊された。

1852年前後のアメリカでは、1848年から始まったゴールドラッシュの波に乗って「おお、スザンナ」が大流行し、フォスターは20代半ばでジェーンと結婚し、長女が誕生していた。

挿絵は、1852年出版当時の『アンクル・トムの小屋』イラストレーション

アマゾンで「アンクルトムの小屋」を調べる

著者は女流作家のストウ夫人

著者は、ハリエット・ビーチャー・ストウ(Harriet Beecher Stowe/1811-1896)。日本では「ストウ夫人」と呼ばれる女流作家だ。

ストウ夫人は、奴隷制廃止論者により発行されていた機関紙「ナショナル・イアラ」に1851年頃から連載の形で執筆を始めていたが、その連載中からあまりに反響が大きかったため、まだ連載が続いていた1852年に書籍の形で出版されることになった。

この『アンクル・トムの小屋』は、フォスターの作曲活動にも大きな影響を与えたと考えられており、翌年の1853年に発表された「懐かしきケンタッキーの我が家」は、この小説からインスピレーションを受けたとも指摘されている。

【関連ページ】 フォスター作曲 「懐かしきケンタッキーの我が家」

イギリス統治下のカナダへ逃亡した黒人奴隷たち

19世紀半ば当時のカナダは、既に奴隷制度を廃止していたイギリスの統治下にあった。そのため、依然として奴隷制度が続いていたアメリカから、多くの黒人奴隷がカナダへと逃亡していった。

奴隷制度を認めていたアメリカ南部の州では、労働力の流出を黙って見過ごすはずもなく、逃亡を企てた黒人奴隷及びそれを助けた白人を処罰する法律や規則を整備して、カナダへの黒人奴隷の逃亡を厳しく処罰しようとしていた。

黒人逃亡を助ける組織「地下鉄道(アンダーグラウンド・レールロード)」

州政府の取り締まりにより、黒人逃亡を助ける活動を公然と行うことは事実上困難な状況となった。そこで、奴隷制度反対の北部州を中心として、州政府の目を盗んで密かに黒人逃亡を助けるための「アンダーグラウンド・レールロード(地下鉄道/Undergroud Railroad)」と呼ばれる地下組織が結成された。

この「地下鉄道」には、「大きな古時計」の作曲者H・C・ワークの父親も積極的に参加していた。熱心なAbolitionist(奴隷反対主義者)であった父親の活躍を見て育ったH・C・ワークも、恐らく黒人奴隷のカナダ逃亡に関して何らかの手助けをしていたのではないか(「H・C・ワーク」参照)。

【関連ページ】 アメリカ民謡の父 フォスター特集