スカボローフェアの謎 ドナドナ研究室

サイモン&ガーファンクルのアレンジで有名

スカボローフェア」と聞くと、おそらくサイモン&ガーファンクルのアレンジバージョンを思い出す方が多いと思いますが、これは彼らが1966年に発表したサードアルバムで発表されたもので、映画「卒業」の挿入歌としても有名です。

彼らは人生におけるその20代をベトナム戦争一色の時代の中で過ごし、その数々の作品の中において「反戦」をテーマとした曲をいくつか発表しており、この「スカボローフェア」もそうした反戦のメッセージが込められたアレンジが施されているようです。

写真:スカボローの町並み(出典:wikipedia)

元はイングランド民謡~その源流とは?~

さて、本来の「スカボローフェア」は、ベトナム戦争とはまったく関係がありません。もともとは、16世紀頃のブロードサイド・バラッドで広まったイングランド民謡を元にしているようですが、一般的に知られている歌詞以外にも、様々なタイトル・歌詞で歌われていたようです。

15世紀前後の民謡の多くは吟遊詩人によって口頭で歌い継がれてきたもので、そのメロディや歌詞のバリエーションは多種多様なものがありますが、この「スカボローフェア」についても、今日のS&Gのアレンジを含め、長い時間をかけて多くの人によって様々なアレンジや作詞が行われてきているようです。

次のページからは、過去の「スカボローフェア」の様々なバージョンの歌詞、そしてその源流に迫ってみたいと思います。まずは、16世紀頃から広まった「ブロードサイド・バラッド」の解説からスタートです。

【次のページ】 2.ブロードサイド・バラッドとは?

スカボローフェアの謎 目次

  1. はじめに
  2. ブロードサイド・バラッドとは?
  3. チャイルド教授の功績
  4. 17世紀の妖精の騎士
  5. 4つのハーブの秘密
  6. マーティン・カーシー
  7. ポール・サイモンとの関係
  8. もう一つのスカボローフェア
  9. 反戦への詠唱

関連ページ

イングランド民謡『スカボローフェア』 歌詞・日本語訳・試聴

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室