コンドルは飛んでいく
EL CONDOR PASA

アンデス地方のフォルクローレ サイモン&ガーファンクルもカバー

『コンドルは飛んでいく(飛んで行く・飛んでゆく)』は、ペルーの作曲家・民謡研究家ダニエル・アロミアス・ロブレス(Daniel Alomias Robles)が1913年に作曲したフォルクローレ

インカ帝国の王女を主人公にしたサルスエラ(オペレッタ)のために作曲されたもので、そのメロディーはロブレス自らが採取したアンデス地方の民族音楽がベースになっているという。

元々のメロディーには歌詞は無く、ロブレスによる発表以後、様々な人々により多くの歌詞が付けられてきた。

なかでも、サイモン&ガーファンクルによるカバーは世界的に有名で、彼等はイングランド民謡「スカボローフェア」をカバーしたことでも知られている。

【試聴】コンドルは飛んでいく EL CONDOR PASA

関連ページ

有名なフォルクローレ
『コンドルは飛んでいく』、『ウマウアケーニョ(花祭り)』など、日本でも有名なアンデスのフォルクローレ特集
有名なラテン音楽 解説と試聴
マンボ、タンゴ、ボサノバ、フォルクローレなど南米大陸系の有名なラテン音楽
リコーダーの有名な曲・定番曲 小学校の音楽
『かっこう』、『こぎつねこんこん』、『茶色のこびん』、『キリマンジェロ』など、小学校の音楽の授業でリコーダー演奏される有名な曲・定番曲まとめ