雨にぬれても 歌詞の意味・和訳

雨粒が降り続く 僕の頭上に けど僕は自由だ 何も心配ないさ

『雨にぬれても』(Raindrops Keep Fallin' on My Head/レインドロップス・キープ・フォーリン・オン・マイ・ヘッド)は、1969年公開のアメリカ映画「明日に向って撃て!」主題歌。

雨に唄えば Singin' in the Rain』と並び、雨を題材にした楽曲として世界的に有名。日本では、デパート・百貨店などで雨の降り初めに店内放送でBGMとして流れることがある。

歌:B. J. トーマス、作詞:ハル・デヴィッド、作曲:バート・バカラック。

歌詞では、自分の身に降りかかり続ける憂鬱な出来事を雨粒(Raindrops レインドロップス)に例えながら、それでも僕は負けない、もうすぐ幸せはやってくる、僕は自由なんだ、何も心配ないさと前向きなメッセージがつづられている。

【試聴】 BJ Thomas - Raindrops Keep Falling On My Head

歌詞の意味・和訳

Raindrops keep falling on my head
And just like the guy
whose feet are too big for his bed
Nothing seems to fit
Those raindrops are falling
on my head, they keep falling..

雨粒が降り続く 僕の頭上に
そして足が長すぎてベッドからはみ出てる奴みたいに
なにもかもがしっくりこない
雨粒が降り続く 僕の頭上に

So I just did me some talking to the sun
And I said I didn't like
the way he got things done
sleeping on the job
Those raindrops are falling
on my head, they keep falling...

だから僕は太陽にちょっと話しかけてみたんだ
そのやり方は好きじゃないって
仕事中に居眠りするようなもんだって
雨粒が降り続く 僕の頭上に

But there's one thing I know
The blues they send to meet me
Won't defeat me
It won't be long till happiness
steps up to greet me

けど分かってる事が一つあるんだ
憂鬱なことがあっても
僕は決して負けないって事を
もうすぐ幸せがやってくるって事を

Raindrops keep falling on my head
But that doesn't mean
my eyes will soon be turning red
Crying's not for me
'cause I'm never gonna stop
the rain by complaining

雨粒が降り続く 僕の頭上に
でも僕はすぐに怒ったりしない
泣き言もためにならない
文句を言っても雨は止まないから

Because I'm free
Nothing's worrying me

僕は自由なんだ
何も心配ないさ

[lyrics © Warner Chappell Music, Inc,
BMG Rights Management]

映画「明日に向って撃て!」とは?

『雨にぬれても』が主題歌として用いられた1969年公開のアメリカ映画「明日に向って撃て!」は、実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッド(Butch Cassidy and the Sundance Kid)を題材とした西部劇。

映画の舞台は1890年代の西部。すでに西部開拓時代は終結し、社会と経済のあらゆる面で変化と改革が進んだ進歩主義の時代に入っていた。

写真:明日に向って撃て! [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

近代化に向かうアメリカにおいて、西部開拓時代に取り残された彼らの生き方はあまりにも時代遅れだった。新たな夢を求めて、二人は南米ボリビアへと旅立つが…。

関連ページ

雨に唄えば Singin' in the Rain
土砂降りの雨の中タップダンスを踊るシーンで世界的に有名
雨のうた 雨に関する民謡・童謡・音楽
雨が出てくる有名な日本の歌・世界の歌まとめ