山中節 やまなかぶし 石川県民謡

忘れしゃんすな 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師

『山中節(やまなかぶし)』は、石川県加賀市の山中温泉に伝わる古い民謡。『江差追分』や『磯節(いそぶし)』などと並ぶ「日本三大民謡」の一つとして紹介されることがある。

山中温泉街

写真:山中温泉街(出典:金沢日和)

ルーツは地元の盆踊り甚句で、やがて座敷歌となり、芸者の米八によって現在のゆったりとした情緒ある節回しに編曲され、各地に広まった。

様々な歌詞が存在するが、特に「忘れしゃんすな 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師」の歌詞が有名。

ちなみに、山中温泉では毎年9月、山中節の全国コンクール(全国大会)が開催されるほか、初秋の温泉街をしっとりと踊り流すイベント「山中節道中流し」や、松尾芭蕉にちなんだ芭蕉祭りなど、様々な行事が行われる。山中温泉は9月が賑やかだ。

【試聴】うめ吉『山中節』

【試聴】正調山中節  加戸桂子

歌詞の一例

忘れしゃんすな 山中道を 東ゃ松山 西ゃ薬師

送りましょうか 送られましょうか せめて二天の橋までも

おまえ見染めた 去年の五月 五月菖蒲の 湯の中で

山が高こうて 山中見えぬ 山中恋しや 山憎や

谷にゃ水音 峰には嵐 あいの山中 湯の匂い

薬師山から 湯座屋を見れば 獅子が髪結て 身をやつす

夕べ習うた 山中節も 今朝は別れの唄となる

山中節の見える丘

山中温泉には、『山中節』にうたわれる景色を一望できる展望広場「山中節の見える丘」が整備されている。

山中節の見える丘 加賀・山中温泉の展望広場

国道364号沿いの展望広場からは、山中温泉の中心街を一望できる。山中温泉を訪れた観光客の写真撮影スポットとしても便利な場所だ。

写真:山中節の見える丘/山中温泉の展望広場(出典:山中温泉観光協会)

関連ページ

江差追分 えさしおいわけ
かもめのなく音に ふと目を覚まし あれが蝦夷地の 山かいな
磯節 いそぶし
磯で名所は 大洗様よ 松が見えます ほのぼのと
地元の民謡・ご当地ソング
「会津磐梯山」、「草津節」、「ソーラン節」、「ちゃっきり節」など、日本全国各地の地元に根付いた地方の民謡、地名の入った歌まとめ
温泉の歌・お風呂のうた・温泉ソング
『草津節』、『貝殻節』、『山中節』など、温泉地に関連した日本の民謡・有名な歌まとめ