ほんとにほんとに御苦労ね(軍隊小唄)

♪いやじゃありませんか花子さん ドリフもカバーした戦時歌謡

『ほんとにほんとに御苦労ね』は、1939年(昭和14年)に発表された戦時歌謡・流行歌。作詞:野村俊夫、作曲:倉若晴生。

同曲は様々な歌詞で替え歌が作られ、中でも『軍隊小唄』(歌い出し:♪いやじゃありませんか軍隊は♪」)が特に有名。

ジャケット写真:ドリフの軍歌集「ドリフの軍歌だよ 全員集合!!」

1970年代にはお笑いグループのドリフターズが、『ほんとにほんとに御苦労ね』と『軍隊小唄』の両方の歌詞を組み合わせて替え歌したコミックソング『ドリフのほんとにほんとに御苦労さん』を発表している。歌い出しは「♪いやじゃありませんか花子さん♪」。

【試聴】ほんとにほんとに御苦労ね

【試聴】軍隊小唄

歌詞(作詞:野村俊夫)

楊柳(やなぎ)芽をふく クリークで
泥にまみれた 軍服を
洗う姿の 夢を見た
お国のためとは いいながら
ほんとにほんとに ご苦労ね

(注:「クリーク」は「小川」を意味する。)

来る日来る日を 乾麺麭(かんぱん)で
護る前線 弾丸(たま)の中
ニュース映画を 見るにつけ
熱い涙が 先に立つ
ほんとにほんとに ご苦労ね

今日もまた降る 雨の中
何処が道やら 畑やら
見分けもつかぬ 泥濘(ぬかるみ)で
愛馬いたわる あの姿
ほんとにほんとに ご苦労ね

妻よ戦地の ことなどは
なにも心配 するじゃない
老いた両親(ふたおや) 頼むぞと
書いた勇士の あの音信(たより)
ほんとにほんとに ご苦労ね

ひょうきん族「パーデンネン」の原曲?

1980年代のお笑い番組「オレたちひょうきん族」において、明石家さんまが演じたキャラクター「パーデンネン」が登場する際、「♪アホじゃあーりませんよ パーでんねん♪」という出囃子・登場BGMが使われていた。

これはおそらく、『ほんとにほんとに御苦労ね(軍隊小唄) 』の歌い出しである「♪いやじゃありませんか軍隊は」を替え歌したものと推測される。

ジャケット写真: オレたちひょうきん族 THE DVD 1985~1989 FINAL

関連ページ

昭和初期の有名な歌謡曲・童謡・唱歌
激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ
有名な戦時歌謡・軍歌 歌詞と解説
日本の有名な戦時歌謡曲・軍歌・流行歌・行進曲の歌詞と解説・YouTube動画まとめ。