北海盆歌 ほっかいぼんうた

エンヤーコーラヤ ハァ ドッコイジャンジャンコーラヤ♪

ドリフ「8時だョ!全員集合」オープニングテーマの原曲として有名な『北海盆歌』(ほっかいぼんうた)。曲名のとおり北海道に伝わる民謡で、かつて炭鉱で栄えた三笠市幾春別(いくしゅんべつ)が発祥の地とされている。

演歌歌手・三橋美智也(みはし みちや/1930-1996)のレコードが大ヒットし全国的に普及した。北海道で開催される盆踊りの曲として定着しているが、日本全国の夏祭り・盆踊りで曲目に加えられる機会も多いと思われる。

ドリフのシングルコレクション(全曲試聴あり)

『北海盆歌』は掛け声・合いの手が特徴的で、「エンヤーコーラヤ ハァ ドッコイジャンジャンコーラヤ」「ハーソレカラドシタ」「ソレサナー(ヤレサナー)」など、ドリフのオープニングでもこれらの賑やかな囃子言葉が印象的に用いられている。

歌詞について

歌詞については様々なバージョンがあり、収録されるCDや歌詞集などによって歌う順番も内容もバラつきがあるが、頻繁に歌われるものとしては次のようなフレーズがある。冒頭部分だけはほぼ共通。

ハァー北海名物(ハ ドシタドシタ)
数々コリャあれどヨー(ハ ソレカラドシタ)
おらがナーおらが国さのコーリャ
ヤレサナー(ソレサナー)盆踊りヨー
ハァ エンヤーコーラヤ ハァ ドッコイジャンジャンコーラヤ 

以下、囃子言葉を除いて「北海名物 数々あれど おらが国さの 盆踊り」のように表記する。

よく歌われる『北海盆歌』の歌詞

波の花散る 津軽の海を 越えて蝦夷地へ いつ来たか
五里も六里も 山坂越えて 逢いに来たのに 帰さりよか
唄え踊れよ 叩けよ太鼓 月の世界に 届くまで
来たは十七 蕾の頃に 今は二十一 花盛り
踊り揃うて 輪になる頃は 月も浮かれて 円くなる

はやし太鼓に 手拍子揃え 櫓囲んで 盆踊り
主が唄えば 踊りも締まる 櫓太鼓の 音も弾む
唄に誘われ 太鼓に引かれ 今来たこの道 二度三度
高い山から 谷底見れば 瓜や茄子の 花盛り
盆が来たのに 踊らぬ者は 木仏金仏 石仏

【試聴】三橋美智也 北海盆唄

関連ページ

ドリフの有名な歌・テーマ曲
ドリフターズが「8時だョ!全員集合」などで生み出した有名な歌・テーマ曲・コミックソング・流行語まとめ
夏祭りの歌・盆踊りの曲
東京音頭、花笠音頭、炭坑節、よさこい節など、日本全国の有名な夏祭りの歌・盆踊りの曲まとめ