白虎隊 歌詞の意味 詩吟入り

戦雲暗く 陽は落ちて 弧城に月の 影悲し

1868年の戊辰戦争において、会津藩が組織した少年部隊・白虎隊(びゃっこたい)。絶望的な負け戦の中、武士の本分を明らかにした彼らの生き様は、現代まで多くの作品で描写されている。

鶴ヶ城(若松城)

白虎隊を題材とした楽曲もいくつかあるが、中でも古賀政男が作曲し藤山一郎が歌った1937年の『白虎隊』(詩吟入り)が有名(作詞:島田磬也)。歌い出しの歌詞は「戦雲暗く 陽は落ちて」。

このページでは、古賀政男が作曲した『白虎隊』について歌詞を引用しながら、その意味や歴史的背景を補足・解説していきたい。

写真:鶴ヶ城(若松城)出典:Gurunavi, Inc.

【試聴】『白虎隊』 作曲:古賀政男 歌:島津亜矢

一番の歌詞の意味

島田磬也作詞による『白虎隊』一番の歌詞を次のとおり引用する。

戦雲暗く 陽は落ちて
弧城に月の 影悲し

誰(た)が吹く笛か 識(し)らねども
今宵名残の 白虎隊

戦雲(せんうん)とは、戦いが始まりそうな緊張した気配。戦そのものを指すことも。戊辰戦争における主戦場の一つとなった福島県会津地方は、薩摩藩・土佐藩を中心とする明治新政府軍が攻め寄せていた。

弧城(こじょう)とは、新政府軍に包囲された会津勢が立て篭もった若松城のこと。鶴ヶ城(つるがじょう)、黒川城、会津若松城などとも呼ばれる。

二番の歌詞の意味

『白虎隊』二番の歌詞を次のとおり引用する。

紅顔可憐(こうがんかれん)の 少年が
死をもて守る この保寒(とりで)
滝沢村の 血の雨に
濡らす白刃(しらは)の 白虎隊

紅顔可憐(こうがんかれん)とは、文字の意味だけを見れば、元気でかわいらしい若者のたとえのようにも見えるが、「可憐」の意味合いが異なる。

語源となった漢詩を見ると、そんな若者もいずれは必ず老いる定めであり、時の流れが無常であることを示す文脈で使われているのが分かる。

此翁白頭眞可憐
伊昔紅顏美少年

<引用:劉希夷「代悲白頭翁」より一部抜粋>

意味:この白髪の翁は、まことに憐れである。これでも昔は紅顔の美少年だったのだ。

ここでの「可憐(かれん)」は、「可憐な少女」のような表現ではなく、「あわれむべし」、つまり「気の毒である、あわれである」といった意味合いとなる。

『白虎隊』の歌詞における「紅顔可憐」は、若い白虎隊の哀れな運命と無関係ではないだろう。

滝沢村について

滝沢村とは、現在の会津若松市一箕町あたり。戊辰戦争(会津戦争)の際には、戸ノ口方面から若松城下にはいる街道の拠点として、会津勢の本陣が置かれた(いわゆる「滝沢本陣」)。

旧滝沢本陣

現在まで、旧滝沢本陣は当時の建物がそのまま残されており、国の重要文化財・史跡に指定されている。室内の一部では、当時の戦闘による弾痕や刀傷なども確認できる。

写真:旧滝沢本陣(出典:Wikipedia)

詩吟の意味

『白虎隊』で引用されている詩吟の歌詞は次のとおり。

原典は、明治時代の漢学者・佐原 盛純(さわら もりずみ/1835-1908)が明治17年(1884年)に記した漢詩「白虎隊」。

南 鶴ヶ城を望めば 砲煙あがる
痛哭(つうこく)涙を飲んで 且(か)つ彷徨(ほうこう)す
宗社(そうしゃ)亡びぬ 我事(わがこと)終る
十有九人(じゅうゆうくにん)
屠腹(とふく)して斃(たお)る

痛哭とは、ひどく嘆き悲しむこと。彷徨とは、あてもなくさまよい歩くこと。

宗社(そうしゃ)とは、宗廟(そうびょう)と社稷(しゃしょく)、転じて国家を意味する。ここでは旧幕府軍の会津藩のこと。

写真:飯盛山から望む鶴ヶ城(出典:Wikipedia)

十有九人(じゅうゆうくにん)とは、自刃した20名の白虎隊のうち落命した19人のこと(人数については異説あり)。屠腹(とふく)とは切腹のこと。

飯沼貞吉(貞雄)のみが一命を取り留め、その晩年、重い口を開き、白虎隊の悲劇を後世に伝えた。

三番の歌詞の意味

『白虎隊』三番の歌詞を次のとおり引用する。

飯盛山の 山頂に
秋吹く風は 寒けれど
忠烈今も 香(か)に残す
花も会津の 白虎隊

忠烈(ちゅうれつ)とは、きわめて忠義心の厚いこと。

飯盛山(いいもりやま)とは、白虎隊隊員らが自刃を決行した終焉の地。「白虎隊十九士の墓」には、年間200万人ともいわれる観光客が訪れる。山のふもとには土産屋が立ち並ぶ。

飯盛山(福島県会津若松市)

写真:飯盛山(福島県会津若松市)出典:Wikipedia

土産物の木刀は飯盛山が元祖

日本全国各地の観光地では、土産物としての木刀が土産物店で販売されており、修学旅行の児童・生徒らが買い求める定番の商品となっているが、この木刀のルーツは白虎隊と関連がある。

土産物としての木刀が初めて販売されたのは、白虎隊隊員らが自刃を決行した飯盛山の土産物店。白虎隊をモチーフにした「白虎刀」が大正時代に販売開始され、瞬く間に人気の商品となった。

飯盛山の土産店で販売されている白虎刀

写真:飯盛山の土産店で販売されている白虎刀(出典:TripAdvisor)

会津地方の山間部には、木刀の素材として適したホオノキ(朴の木)が多く生えており、材料の調達にも困らなかったようだ。

地元でのヒット商品となった木刀はその後、製造会社が東京や鎌倉、京都・奈良など各地の観光名所に売り込んだことで、日本全国の土産物の定番商品となっていったという。

関連ページ

武田節 たけだぶし 歌詞の意味
武田信玄を題材とした民謡調の歌謡曲。詩吟「風林火山」が印象的。
川中島 詩吟 歌詞の意味・歴史
武田信玄と上杉謙信の「川中島の戦い」を題材とした詩吟
歴史のうた 歴史に関する日本の歌
歴史の教科書に登場するような有名な歴史に関する日本の歌まとめ
ドラマ「白虎隊」主題歌 堀内孝雄『愛しき日々』
いとしき日々の はかなさは 消え残る夢 青春の影
都道府県別の民謡・ご当地ソング
「会津磐梯山」、「草津節」、「ソーラン節」、「ちゃっきり節」など、日本全国各地の地元に根付いた地方の民謡、地名の入った歌