武田節 たけだぶし 歌詞の意味

武田信玄の格言や風林火山が織り込まれた民謡調の歌謡曲

「甲斐の山々 陽に映えて」が歌いだしの『武田節(たけだぶし)』は、甲斐の戦国大名・武田信玄を題材とした民謡調の歌謡曲(1961年)。

歌詞では、有名な「人は城、人は石垣」の格言や、間奏部での詩吟「風林火山」など、武田信玄にまつわるキーワードが散りばめられている。

写真:山梨県甲府市の武田神社(出典:Wikipedia)

作曲:明本京静、作詞:米山愛紫、三橋美智也の歌唱でレコードはミリオンセラーを記録し大ヒット。

武田信玄に縁の深い長野県や山梨県の小・中学校では、運動会などで『武田節』を用いた創作舞踊が披露されていた時期もあり、踊った思い出がある地元出身の方もいらっしゃるだろう。

かつて『武田節』は、特急「あずさ」「かいじ」の車内放送チャイムや「かいじ」甲府駅発着メロディにも使われていた。

山梨県都留市(つるし)に本部を置く都留文科大学(つるぶんかだいがく)では、『武田節』が応援歌に指定されている。

【試聴】武田節/三橋美智也

人は城、人は石垣

写真:松代城(かつての海津城/出典:Wikipedia)

『武田節』一番の歌詞では、武田信玄の格言とされる次のような名言(の一部)が織り込まれている。

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり

この格言は、武田家の戦略・戦術を記した軍学書「甲陽軍鑑」(こうようぐんかん)のなかで、「ある人が信玄公の御歌として言う」として紹介されている一節。

意味合いとしては、人心こそ強固な城以上の価値があり、城があっても人の心が離れてしまえば何もならないということ。

人に情をもって接することこそ国の守りの要であり、人に恨みや害意をもって接してはならないという教訓。

風林火山

『武田節』の間奏部では、有名な風林火山の詩吟が唄われる。

疾如風(ときこと かぜのごとく)
徐如林(しずかなること はやしのごとく)
侵掠如火(しんりゃくすること ひのごとく)
不動如山(うごかざること やまのごとし)

意味としては、軍の移動は風のように速く、陣は林のように静かにひそみ、攻撃は火の勢いのように、陣形維持は山のように堅固に、といった内容。

「とき」は、「速い・早い」を意味する古語「疾し(とし)」の活用形。「疾(はや)きこと」と読まれる場合もある。

卒業ソング『仰げば尊し』の歌詞にある「思えば いととし」の「とし」も同じ意味。

歌詞の意味

写真:武田神社 拝殿(2014年撮影/出典:Wikipedia)

その他の『武田節』の歌詞について、部分的に意味を補足してみたい。

妻子(つまこ)につつが あらざるや

「つつが あらざるや」とは、「病気などの災難・患い」を意味する古語「つつが」と、存在の動詞「あり」の未然形、打消の助動詞「ず」の連体形「ざる」に、詠嘆の間投助詞「や」が続いている。

全体で「妻や子供は平穏無事か?」といった意味になる。

祖霊(それい) まします

「祖霊」は祖先の霊、「まします」は存在の動詞「あり」の尊敬語。「いらっしゃいます、おいでになる」の意味。

つつじケ崎の 月さやか

「つつじケ崎」は、武田信玄の本拠地であった山梨県甲府市の居館「躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)」のこと。跡地には現在、武田神社が建立されている。

「月さやか」とは、月がくっきりと澄んで(明るく)見える様を意味する。

雲と興(おこ)れや 武田武士

「雲と興(おこ)れや」とは、「雲が湧き上がるように勢い盛んに興隆せよ」という意味。勢いが盛んになることを意味する動詞「興る(おこる)」の命令形に、詠嘆の間投助詞「や」が続いている。

関連ページ

黒田節 くろだぶし
酒は飲め飲め 飲むならば これぞまことの 黒田武士
都道府県別の民謡・ご当地ソング
「会津磐梯山」、「草津節」、「ソーラン節」、「ちゃっきり節」など、日本全国各地の地元に根付いた地方の民謡、地名の入った歌