アイネ・クライネ・ナハトムジーク
Eine kleine Nachtmusik

モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart/1756–1791)

『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』は、モーツァルト作品の中でも非常に有名な曲の1つで、セレナード第13番とも呼ばれる。

写真:ウィーンのカフェ・モーツァルト

「小さな夜の曲(小夜曲)」と訳されるこの題名は、モーツァルト自身が自作の目録に書き付けたもの。

1787年8月10日にウィーンで初演された。娯楽音楽としてのセレナーデの雰囲気を備えており、何らかの機会のために作曲されたと考えられるが、初演に関する資料は残されていない。

弦楽合奏、あるいは弦楽四重奏またはコントラバスを加えた弦楽五重奏で演奏され、4つの楽章より成る。第1楽章は、アレグロ ソナタ形式 ト長調 4/4拍子。

ちなみに、第一楽章の冒頭部分は、任天堂マリオブラザーズのスタート時に流れるメロディとして使用されていたことは有名。

【試聴】アイネ・クライネ・ナハトムジーク

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴