天国と地獄(地獄のギャロップ)

オッフェンバック/カステラ一番 電話は二番 三時のおやつは…

『地獄のオルフェ』(Orpheé aux Enfers)は、1858年10月20日にブッフ・パリジャン座で初演された、ジャック・オッフェンバック作曲による全二幕四場のオペレッタ(またはオペラ・ブッファ)。

初演から1859年6月まで連続228回公演を記録した大ヒット作にしてオッフェンバックの代表作。

日本では、1914年に帝劇で初演されて以来、『天国と地獄』の名で知られている。特に劇中で登場する『地獄のギャロップ』は、運動会のBGMやフレンチカンカン、カステラの文明堂のCMにも使用され、クラシック音楽の中でも非常に有名な曲の一つとなっている。

写真:文明堂 おやつカステラ(気軽に買って食べきれる二切れタイプ)

運動会・体育祭でよく使われるクラシック

【試聴】天国と地獄(地獄のギャロップ)

関連ページ

有名なオペラ・歌劇の名曲・アリア
『誰も寝てはならぬ』、『私のお父さん』、『ハバネラ(恋は野の鳥)』など、有名なオペラ・歌劇の名曲・アリアまとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画まとめ