ロマンス 第2番 ベートーヴェン

抒情的で甘美な旋律によるベートーヴェンのロマンス作品

『ロマンス第2番 ヘ長調』作品50は、ベートーヴェンが1798年に作曲したヴァイオリンと管弦楽のための楽曲。

ロマンス第1番 ト長調』作品40より前に作曲されており、和音進行を基調とした第1番と比べて抒情的で甘美な旋律が際立っている。

ドイツの世界遺産 ヴュルツブルク司教館

ちなみに、ロマンス(ロマンツェ)とは、抒情的・甘美な旋律に表現の主眼が置かれた器楽曲のジャンル名の一つ。形式が自由で様々な規模の作品が存在する。

有名なロマンス作品としては、モーツァルト『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』第2楽章、映画「アマデウス」で使われたモーツァルト『ピアノ協奏曲第20番』第2楽章、ドヴォルザーク『ロマンス ヘ短調』などが知られている。

写真:ドイツの世界遺産 ヴュルツブルク司教館(出典:Wikipedia)

【試聴】演奏:ハイフェッツ Beethoven Romance No. 2

【試聴】演奏:ルノー・カピュソン Beethoven Romance No. 2

関連ページ

ロマンス 第1番 ベートーヴェン
『ロマンス第2番ヘ長調』(Op.50)と同様、小ロンド形式であるが、独奏楽器に重音奏法を求めるなど技術的には高度
ロマンス ドヴォルザーク
自身の弦楽四重奏曲から旋律を引用したロマンス作品
アイネ・クライネ・ナハトムジーク
第2楽章 ロマンツェ(アンダンテ)
ピアノ協奏曲 第20番 モーツァルト
有名な第2楽章ロマンツェは、モーツァルトを主人公にした映画「アマデウス」エンディングテーマに使われた
ベートーヴェンの有名な曲・代表曲
『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴