歓喜の歌(喜びの歌) 合唱の歌詞と意味

ドイツの詩人シラーの詩に基づくベートーヴェンの合唱付き交響曲

毎年年末になるとよく耳にするベートーヴェン第九の合唱『歓喜の歌(喜びの歌)』について、原曲のドイツ語の歌詞の意味・和訳と読み方、有名な日本語の歌詞(訳詞)などをまとめてご紹介したい。

原曲のドイツ語歌詞は、ベートーヴェンが生涯愛読していたドイツの詩人シラーによる『歓喜に寄せて An die Freude』が用いられている。

バーンスタイン指揮 ベートーヴェン交響曲第9番 リマスタリング CD

ジャケット写真:バーンスタイン指揮 リマスタリング CD

なお、ドイツ語のカタカナ表記・読み方については、ドイツ語と日本語の言語の違いによる根源的な限界があるので、あくまで雰囲気をつかむための参考程度に。

また、交響曲全体の解説については、こちらのページ「ベートーヴェン 第九 交響曲第9番 合唱付き」でまとめている。

【試聴】 カラヤン指揮 歓喜の歌

ドイツ語の歌詞(サビのみ)・日本語訳

Freude schöner Götterfunken,
Tochter aus Elysium,
Wir betreten feuertrunken,
Himmlische dein Heiligtum!

歓喜よ 美しき神々の御光よ
エリュシオン(楽園)の乙女よ
我等は情熱と陶酔の中
天界の汝の聖殿に立ち入らん

|:Deine Zauber binden wieder,
Was die Mode streng geteilt;
Alle Menschen werden Brüder,
Wo dein sanfter Flügel weilt.:|

汝の威光の下 再び一つとなる
我等を引き裂いた厳しい時代の波
すべての民は兄弟となる
汝の柔らかな羽根に抱かれて

カタカナ表記(サビのみ)

Freude schöner Götterfunken,
フロイデ シェーナー ゲッターフンケン

Tochter aus Elysium,
トホター アウス エリージウム

Wir betreten feuertrunken,
ヴィアー ベトレーテン フォイアートゥルンケン

Himmlische dein Heiligtum!
ヒンムリッシェ ダイン ハイリッヒトゥム!

|:Deine Zauber binden wieder,
ダイネ ツァウバー ビンデン ヴィーダー

Was die Mode streng geteilt;
ヴァス ディー モーデ ストレング ゲタイルト

Alle Menschen werden Brüder,
アッレ メンシェン ヴェァデン ブリュダー

Wo dein sanfter Flügel weilt.:|
ヴォー ダイン ザンフター フリューゲル ヴァイルト

エリュシオンはシャンゼリゼ

ドイツ語歌詞の2行目にある「Elysium」(エリージウム)とは、ギリシア神話に登場する死後の楽園エリュシオン(エリューシオン)のこと。かつては世界の最西端に存在すると考えられていた。阿弥陀如来の西方極楽浄土とも比較される。

エリュシオンはフランス語では「シャンゼリゼ(Champs-Élysées)」。これは「エリゼの園」を意味しており、パリ市内のシャンゼリゼ通りもエリュシオンに由来している。同じくパリ市内にあるエリゼ宮も同様。

有名な日本語の歌詞

ベートーヴェン『歓喜の歌』につけられた日本語歌詞としては、『アマリリス』の訳詞で有名な岩佐東一郎の作詞による『よろこびの歌』が広く知られている。かつて小中学校の音楽教科書にも掲載されていた。

岩佐東一郎『よろこびの歌』の歌詞を次のとおり引用する。

晴れたる青空 ただよう雲よ
小鳥は歌えり 林に森に
こころはほがらか よろこびみちて
見かわす われらの明るき笑顔

花さく丘べに いこえる友よ
吹く風さわやか みなぎるひざし
こころは楽しく しあわせあふれ
ひびくは われらのよろこびの歌

<引用:岩佐東一郎『よろこびの歌』歌詞>

小学校の音楽教科書向けに作詞されたようで、その内容も原曲の宗教的な要素は一切なく、美しい自然と人々の幸せが明るく朗らかに表現されている。

なかにし礼による日本語歌詞

北島三郎『まつり』や細川たかし『北酒場』などを手掛けた作詞家・なかにし礼は、第4楽章の合唱全体に対して日本語の訳詞をつけ、昭和62年に桑名市民会館大ホールで初演を行っている。

なかにし礼による日本語版『歓喜の歌』は、東日本大震災が発生した2011年の年末に、東京文化会館での復興支援コンサートとして再演された。

【試聴】第九"歓喜の歌" なかにし礼訳 日本語版 歌詞つき 2

なかにし礼による日本語歌詞のサビの部分は次のとおり。

愛こそ歓喜に導く光
さえぎる苦難を越えて進まん
歓喜の頂(いただき)踏みしめた時
我らは兄弟 世界は一つ
歓喜の頂(いただき)踏みしめた時
我らは兄弟 世界は一つ

<引用:なかにし礼訳 日本語版『歓喜の歌』より>

岩佐東一郎『よろこびの歌』の歌詞とは異なり、なかにし礼のつけた歌詞は、原曲の内容を踏まえた訳詞となっているのが分かる。

讃美歌やゴスペルソングにも

合唱部分のメロディには、20世紀初頭にアメリカの作家・聖職者のヘンリー・ヴァン・ダイク(Henry van Dyke/1852–1933)により讃美歌の歌詞がつけられ、聖歌『ジョイフルジョイフル Joyful, Joyful We Adore Thee』として歌われている

さらにこの『ジョイフルジョイフル』は、1993年のアメリカ映画「天使にラブ・ソングを2 Sister Act 2」でゴスペルソング(一部ラップ)としてアレンジされ、以降はゴスペルミュージックとして広く知られるようになった。

【関連ページ】 ゴスペルソング『ジョイフルジョイフル』

関連ページ

ベートーヴェン 第九 交響曲第9番 合唱付き
日本の年末を象徴するベートーヴェンの合唱付き交響曲
ジョイフル・ジョイフル Joyful, Joyful We Adore Thee
『歓喜の歌』合唱部分にアメリカの詩人ダイクが新たに作詞したクリスチャンソング
ベートーヴェンの有名な曲・代表曲
『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴

年末年始・お正月の音楽

新年・正月・新春のクラシック音楽
新たな一年の始まりに相応しい明るく華やかなクラシック音楽の名曲
お正月の歌・新年の曲・年末年始の音楽

「春の海」、「一月一日」、「たこのうた」など、年末年始・お正月をテーマとした日本の童謡・唱歌