月(秋の月)

日本の歌曲/作曲:瀧廉太郎

『月』または『秋の月』は、1900年(明治33年)に発表された瀧廉太郎(たき れんたろう/1879-1903)の組歌「四季」における第3曲。

瀧廉太郎の組歌「四季」は、タイトルのとおり、春夏秋冬の情景をそれぞれ1曲ずつ詠んだ4曲からなる組曲。「春のうららの隅田川」の歌い出しで始まる第1曲目の『花』は特に有名。

『月』は組歌「四季」3番目の歌として、秋の情景を描写した曲であることから、『秋の月』と題されることがある。

作曲家として名高い瀧廉太郎であるが、自身が自らの曲に作詞を行った作品もいくつか残されており、この『月』(秋の月)も瀧廉太郎自身の作詞によるものである。組歌「四季」の4曲中でも、作曲者本人が作詞を行ったのはこの作品のみ。

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

【試聴】瀧廉太郎 『月(秋の月)』

歌詞: 瀧廉太郎『月』

光はいつも かはらぬものを
ことさら秋の 月のかげは

などか人に ものを思はする
(繰り返し)

あゝなく虫も おなじこゝろか
(繰り返し)

こゑのかなしき