たなばたさま 七夕様

日本の童謡・唱歌/笹の葉サラサラ 軒端に揺れる

たなばたさま童謡『たなばたさま』は、昭和16年3月に文部省発行の「うたのほん 下」に掲載された唱歌。

中国を起源とする日本の伝統行事「七夕祭り」では、短冊に願い事を書き葉竹に飾る行事が一般的に行われる。

短冊などを笹に飾る風習は江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。

「たなばたさま」の歌詞にある「五色(ごしき)の短冊」の五色(ごしき)とは、中国の五行説にあてはまる五色で、緑・紅・黄・白・黒をいう。中国では短冊ではなく五色の糸をつるし、芸事の上達を願うという。

日本・中国に伝わる七夕伝説のあらすじは?

織姫(おりひめ)は天帝の娘で、機織(はたおり)の上手な働き者の娘であった。同じく働き者の牛使い彦星(ひこぼし)と仲睦まじく、天帝は二人の結婚を認めた。

めでたく夫婦となった二人だったが、夫婦生活が楽しくてしかたがなく、織姫は機を織らなくなり、彦星は牛を追わなくなってしまった。このため天帝は怒り、天の川の両岸に二人を引き離してしまう。

ただ、天帝の情けによって、年に1度、7月7日に限り会うことが許された。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増してしまい、二人は年に一度の再会ができなくなってしまう。

その時、二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて、天の川に自分の体で橋をかけてくれるという。

【ピアノソロ楽譜 ダウンロード】

たなばたさま ピアノソロ楽譜(初級・中級)

ヤマハが運営する楽譜ダウンロードサイト「ぷりんと楽譜」より

【試聴】たなばたさま

【試聴】たなばたさま