たこのうた(凧の歌)

日本の童謡・唱歌/たこたこあがれ 風よくうけて

『たこのうた(凧の歌)』は、1910(明治43)年に『尋常小学読本唱歌』で発表された文部省唱歌。

凧は、平安時代の初めごろに日本に中国から伝来したとされ、中国では「紙鳶」や「紙老鴟」などと表記されていた。日本では、バランスをとるための長い足をつけていたことから、京の都では「いかのぼり」と呼ばれるようになった。

一方で、江戸ではこの「いかのぼり」を現在のように「たこ」と名づけていた。イカがタコになった経緯や時期は定かではないが、「西の都がイカなら東の江戸はタコだ」と子供っぽく対抗していたとしたら面白い。

ベスト・オブ・正月

もういくつ寝ると・・・新年・お正月の歌へ

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

【試聴・歌詞】 たこのうた(凧の歌)

たこたこあがれ 風よくうけて
雲まであがれ 天まであがれ

絵凧に字凧 どちらも負けず
雲まであがれ 天まであがれ

あれあれさがる 引け引け糸を
あれあれあがる 離すな糸を

お正月 関連ページ

お正月の歌・新年の曲
「一月一日」、「お正月」、「春の海」、「十二支のうた(干支の歌)」など、新年・お正月に関連する日本の歌やお琴の曲
正月・新年の年中行事
鏡餅、鏡開き、小正月、二十日正月、具足祝いなど、正月に行われる年間行事トピックス