証城寺の狸囃子
しょうじょうじのたぬきばやし

日本の童謡/作詞:野口雨情 作曲:中山晋平

『証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)』は、野口雨情作詞、中山晋平作曲の日本の童謡。野口雨情が千葉県木更津市を訪れた際に聞いた證誠寺の狸囃子伝説を元に作詞したもの。

證誠寺の狸囃子伝説は、『分福茶釜(ぶんぶくちゃがま)』(群馬県館林市)や『八百八狸物語はっぴゃくやたぬき』(愛媛県松山市)と並び、日本三大狸伝説の一つに数えられている。

たぬき囃子伝説が伝わる千葉県木更津市の證誠寺(出典:Wikipedia)

和尚さんに負けるな!タヌキの決死の腹鼓

ある秋の晩、證誠寺の庭で何十匹もの狸がポンポコと腹鼓をしながら楽しそうに踊っていた。これを見た和尚さんが負けじと自慢の三味線でお囃子を始めると、狸も負けじと大きな音で腹鼓を叩く。

頑張りすぎた狸は、翌朝腹を破って死んでいた。不憫に思った和尚さんは供養のため狸塚を作ったと言う。

ベートーヴェンやハイドンが元ネタ?

余談だが、クラシック音楽の分野では、童謡『証城寺の狸囃子』の一部のメロディによく似た旋律を持つ楽曲が二つ存在している。

一つは、ベートーヴェン『ピアノソナタ第12番 葬送』。第4楽章に繰り返し用いられるメロディは「しょ、しょ、しょうじょうじ♪」のそれにそっくり。

二つ目は、ベートーヴェンからさらに数十年さかのぼる。ハイドン『交響曲第89番ヘ長調』第1楽章の冒頭で、いきなり「しょ、しょ、しょうじょうじ♪」のメロディが登場する。

こうした2曲の偶然の一致については、こちらの特集ページ「元ネタ・原曲・似てる曲 そっくりメロディ研究室」で他にもいろんな曲を取り上げているので、是非ともお立ち寄りいただきたい。

試聴と歌詞:『証城寺の狸囃子』

証 証 証城寺
証城寺の庭は
つ つ 月夜だ
みんな出て 来い来い来い
おいらの友だちゃ
ぽんぽこ ぽんの ぽん

負けるな 負けるな
和尚(おしょう)さんに 負けるな
来い 来い 来い
来い 来い 来い
みんな出て 来い来い来い

証 証 証城寺
証城寺の萩(はぎ)は
つ つ 月夜に 花盛り
おいらは浮かれて
ぽんぽこ ぽんの ぽん